彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第24章§
相変わらず訪問者多数。
元気な顔を見たからか玲奈は着替えを持ってきてくれると言って部屋から出ていった。
…なんで僕の家の鍵を普通に持ってるかはやっぱり聞かない方が良いかな。

…コンコン。

また訪問者?
病院居るときにゆっくりする時間少ないよなぁ…
ま、沢山来てくれるのは嬉しい限りだけどさ。

隆治「…どうぞ。」

ウナギ「どーもー!」

ヲタ「切り込み役取られちまった…」

アキチャ「まぁまぁ…いいじゃねぇか。」

バンジー「久々にチームホルモン全員集合だ。」

ムクチ「(こくり)」

あはは、確かに久しぶりかも。
もう退院したのかぁ…
怪我が軽くて良かった。

ヲタ「今日は紹介したい奴が居るんだ。」

紹介したい?
誰かな…

ヲタ「…入れよ。」

何だ何だ!?
ぞろぞろ黄色いジャージの連中が入ってきたぞ!?
ヲタから一人一人の名前の紹介を受けるんだけど…

どっち「オレ達…チームフォンデュだ。」

どっちと言われた人物が話す。
リーダーなのかな…
ち、チームフォンデュ?
なんかチームホルモンの二番煎じ…

ツリ「おい、今二番煎じって思っただろ!」

なんでこう考えがバレやすいかな…
初対面の人にも…

ガチャン!

乱暴にドア開けるなぁ…
誰だ…
……………。
サ…ド…

ヲタ「部屋に入るなら静かに…!」

バンジー「…げ…。」

ウナギ「あ、あはははは…サド…さん?」

サド「ここは病院だぞ?…多人数で面会は…」

ヲタ「し、失礼しましたぁ!」

アキチャ「ほら、お前ら帰るぞ!」

あ、ホルモンの連中…
フォンデュの連中引っ張って帰っちゃったし…
去っていく背中を見て…
サド、笑ってるし。
いやいや、なんで笑ってるの!?

■筆者メッセージ
チームフォンデュ、活躍させたかったですね…
元チーム4が好きなのでちょっと出番が今の所少ない事に頭を悩ませております。
こらるめんて ( 2013/10/12(土) 20:25 )