彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第24章§
大島姉妹の尋問。
優希「こっちの事、忘れないで貰えるか?」

優香「…暇で来た訳じゃないんだ。」

あ、やば。
大島さん2人を怒らせたら絶対に命いくつあっても足りないな、うん。

隆治「えっと…今回は何用で…?」

冷や汗がつたうのが分かる。
大島さん2人に尋問受けたらだれでもこうなるよなぁ…

優希「お前…倉庫で何があった?何を見た?」

優香「ラッパッパには伝えといてやる。」

隆治「あ…えっと…何から話せば…」

僕は起こった事を流れにそって話した。
シブヤの部下らしき人物から果たし状を受け取ったこと。
それが僕をおびき寄せる為の罠だったこと。
玲奈が途中で助けに来てくれたこと。
罠だったけど結果返り討ちにしてしまったこと。
…ヤバ女と僕の居た学園が繋がっていたこと。
一気に話したから少し息苦しい。

優香「お前の居た学園とヤバ女が繋がってる理由があまり分からねぇな。」

優希「…とりあえず、今のは部長に伝えといてやる。怪我を治すのが先決だ。」

隆治「…ありがとうございます。」

聞きたい事を聞いた為か2人は帰っていった。
…やっぱり暇じゃないよなぁ…
こんな学校間がピリピリしてるんだし…

玲奈「ん…りゅー…くん…?りゅーくん!!」

隆治「………っ!」

痛い痛い痛い痛い!!
抱き締められるのは嬉しいけど痛い痛い!
なんか、前にもこんな事あった気がする。

■筆者メッセージ
ふと思ったのですが…
昨日のスピードで更新しますと…
もう終わってしまう事に気づきました!
少し、速度が遅れるかもしれません。
ご理解頂けたら幸いです。(礼)
こらるめんて ( 2013/10/12(土) 20:14 )