彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第24章§
最近、よく病院居るなぁ…
ここは…
確か玲奈が救急車を呼んでくれて…
病院に今居るのか…
…情けない姿見せたな…
あ…誰か側に居てくれてる…

隆治「…玲奈…?」

???「…悪いな、期待してる奴じゃなくて。」

そこに居たのは…
…大島…優子…?
いやいや、嘘でしょ…?
だって彼女は…
…ひょっとして…

隆治「来ちゃいけない方に来たのかな…こんな事なら玲奈にあんな事やこんな事を…」

???「馬鹿言ってんじゃねぇよ。」

笑いながらギブスを着けてる足をポン、と叩かれる。

隆治「痛い痛い痛い!…あれ…痛い…」

これは…現実?
じゃあここに居るのは…

優希「大島優希。…大島優子の妹だ。」

隆治「大島優子って双子だったのか…」

???「…双子じゃねぇよ。」

えっ?
誰の声?
今優希さん喋った?

???「…三つ子だ。」

…うわぁ。
そのまんまの大島優子が2人居る…
本当にそっくりだなぁ…

優香「大島優香だ。…まぁマジ女の連中も驚いてたから無理は無いな。」

優希「そういえば、来たときにはコイツずっと側に居たみたいだぞ。…今は寝てるけどな。」

…寝てる…?
…!

隆治「…玲奈っ!」

…あ。
上体を起こすと彼女が居た。
ベッド…というか僕の腹部に顔を伏せる形で寝てる。
…どうりで重かった訳だ。
ずっと側に居てくれたのか…
…玲奈…
…ありがと。

■筆者メッセージ
遅くなって申し訳ありません。
本日分、更新致します。
こらるめんて ( 2013/10/12(土) 20:10 )