彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第23章§
玲奈の敵は…潰す。
純「俺の勝ちだね、ゲキカラちゃん!」

ゲキカラ「…………!」

玲奈に触るな。
彼女に近付いた純を蹴り飛ばす。
玲奈…
玲奈っ!

純「ったく、痛ってーな…あれ?隆くんまだ動けたんだ?…まゆげ、カムバック。…さっきの通りで行くよ?」

まゆげ「ははっ、ゾンビかこいつ?」

カムバック「またまたサンドバッグ決定な!」

隆治「…………………。」

まゆげ「寝とけコラぁ!」

こいつは玲奈の敵。
玲奈の邪魔になる。
まゆげって呼ばれた奴の腕を掴んで叩きつける。
今触れてる腕に寸勁を使う。

まゆげ「痛えぇぇぇっ!骨が…!骨が…!」

カムバック「よ、よくもまゆげをやったな!てめぇ!!」

こいつも玲奈の敵。
玲奈を守らなきゃ。
こいつは玲奈の驚異になり得る。
足を掴んで叩きつける。
触れてる脚に…寸勁。

カムバック「痛え…痛え…痛え!脚が…!コイツ脚折りやがった!」

…あとは純だけ。
玲奈に最低な事しようとした。
許せない、許せない。
玲奈にあんな事を…
許せない。

純「じ、隆ちゃんフラフラじゃない?…こっち見ろよ!」

殴ってくるのが分かる。
絶対に当たるもんか。
玲奈を。
よくも玲奈に。
玲奈…
絶対に守るから…

純「よ、避けやがったな!…くたばっとけよ、オラっ!」

頬を殴られる。
…痛くない。
玲奈の痛みに比べたら。
その間に相手の胸に掌を添える。

純「…!…馬鹿っ、やめ…」

玲奈。
玲奈は僕が守るから。
玲奈の為に。
純の胸に寸勁を放つ。

純「…格下のくせ…に…」

彼がその場に倒れる。

隆治「…玲奈…」

周りの取り巻き。
あれも玲奈の邪魔になる。
玲奈の敵になる。

まゆげ「ひ、引き上げだ!お前ら、カムバック助けてやれ!引くぞ!」

カムバック「てめぇ…覚えてろ…っ…」

アイツらが引き上げていく。
居なくなった。
玲奈の敵は?
玲奈の…

玲奈「りゅー…くん…?」

玲奈…?
玲奈の声…?

■筆者メッセージ
ゆとりがあるのでさらに1章追加します。
隆治くんめっちゃ怒ってますが玲奈ちゃんちゅーされてません。
されてたら地獄絵図だったでしょうね。
こらるめんて ( 2013/10/12(土) 00:58 )