彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第22章§
やっぱり…罠だよね。
ここが果たし合いの場所…
…倉庫の中みたいだけど…
こっそり様子を…
中を覗き込もうとした時だった。
誰かに背中を押されて倉庫の中に入れられてしまって…

隆治「痛たたた…誰だよ…!…って開かない…」

外から何かで押さえてる?
困ったな…

???「おいおい、ここに人が居るのに無視ってのは酷くないかい?」

あ…
…純?
なんで純が…

純「な?まゆげ、カムバック。…アイツの言うことって当たるんだよ。」

まゆげ「本当っすね。…こいつ馬鹿なのか?」

カムバック「知らねぇけどさ、コイツ強いんだろ?」

純「あはは、強いね。…でも俺以下だね。ねー?隆ちゃん。」

ヤバ女の連中と…純?
ウチの学校の一部と繋がってたのか…
だから光もヤバ女の情報を…

隆治「…はじめからターゲットは…僕?」

純「お、隆くんのわりに勘が良いね!じゃあ…楽しもっか?」

現状は…
純とヤバ女の実力者らしいまゆげとカムバックとかいう人。
あとは取り巻き15人くらい…
…勝てない、かな。
…純が厄介すぎる…

■筆者メッセージ
洋ランの代わりに隆治くんを果たし合いの場に出しました。
本家のファンの方申し訳ありません…
こらるめんて ( 2013/10/11(金) 19:46 )