彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第21章§
えっと、何しにきたんだっけ?
暫く走って見つけた影が2つ。
2つ!?
まだ間に合うかも…!
って、えー…
立っていたのは…
センターと洋ラン。
ヤバ女の生徒10人近く倒れてるし…

センター「助けて欲しいなんて頼んでねぇよ。」

洋ラン「マジ女の生徒が絡まれてんのに放っておけるわけねぇじゃん。」

センター「…1人で何とかなったけどな。」

洋ラン「2人の方が楽だっただろ?」

えーと…
助けに来たはずだったんだけどな…

センター「…確かお前…」

洋ラン「あ、橘。…だったよな?…何しに来たんだ?」

うーん…
何しに来たんだろ…

隆治「あはは、えーと…様子見?」

センター「…余計な世話だっての。」

洋ラン「…ま、見ての通りだ。」

…まぁ無事で良かった。
学園に帰ってからおたべに報告するかな。
…2人ともヤバ女に乗り込まないだろうし…
今は様子見、かな。
マジ女とヤバ女の抗争が激化するのは避けたかったけど…
…1人じゃちょっと解決は難しくなってるかな。

■筆者メッセージ
この先、またまた本編から変わったオリジナルストーリーになります。
どうかご理解下さい。
こらるめんて ( 2013/10/11(金) 12:45 )