彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第21章§
走れ!ペン…じゃない、僕!!
おたべ「…で、話…なんやっけ?」

隆治「ああ、助っ人の事だよ!」

おたべ「ああ、助っ人。…センターって知っとる?」

センター?
どっかで聞いたような…
あ!
ネズミと一緒に居た!

おたべ「そういえば…今日はみーひんな。」

今日は見ない?
ネズミがやられたのが昨日で…
ヤバ女の生徒が倒れてたのが今日。
センターを今日見てない。
…確定じゃん。

隆治「ヤバ女の生徒が今日、倒れてるのをうちの学生が見てる。」

おたべ「…センターやね。そのうち狙われるかもしれへんな…」

隆治「説得しに行くべきなんじゃ…」

おたべ「センター、ネズミのダチを名乗っとるんやけど…ネズミがやられたんや、大人しくは帰らへんやろうな。」

…全く、おたべも厄介な人材を引き入れたなぁ…
でも狙われる危険性があるなら…

隆治「…ちょっと行ってくるよ。」

おたべ「…ほんまにアホやなぁ、橘。…頼んだわ。」

今度は間に合いますように!
…最近よく走るなぁ…僕。

■筆者メッセージ
タイトルはごめんなさい、ふざけました。
走れペンギンが好きな曲5本指に入るもので…
独断と偏見で遊んでみました。
失礼しました!(礼)
こらるめんて ( 2013/10/11(金) 12:41 )