彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第20章§
これ、日常化したら駄目だと思う。
えっと。
普通じゃないんだよ?
男女が一緒にお風呂に入るのは。
浴室に居ると彼女が入ってきた。
予想通りというかなんというか…
タオル巻いてる姿は本当に…
本当にありがとうございます。
ご馳走様です。
で。
今背中合せに入浴してるわけなんだけど…

隆治「ねぇ…玲奈。」

玲奈「なーに?りゅーくん?」

…えっと。
…ネズミの頭撫でちゃって。
…四天王に会うためとはいえ風俗店に行って。
…玲奈に何にもしない訳にはいかないよなぁ…
バレたら怖いからとかじゃなくて…
えっと…
つまりそういうわけで…

隆治「ちょっとそっち向いてて。」

玲奈「………?分かった。」

彼女の返事を聞いてから…
出来るだけ彼女の方を向くようにして…
…ハグしてみる。

玲奈「…アハッ♪…どうしたの?」

隆治「今のマジ女の現状…分かるよね。」

玲奈「…私、四天王だよ?」

…そうなんだよなぁ。

隆治「…ずっと玲奈のままじゃ居られないと思うんだ…」

玲奈「…分かってる。…いつかはゲキカラになっちゃう…ううん、ならなきゃいけない気がする。」

…そっか。
玲奈も分かってるんだね。

隆治「…絶対、全部終わったら玲奈を喧嘩から引き離すから。ラッパッパもゲキカラも関係無くするから…」

玲奈「……………。」

隆治「だからその時まで…どんな時も、玲奈の優しさ…持ってて欲しいな。」

玲奈「…うん、分かった。」

穏やかに言う彼女。
絶対に喧嘩から離してあげなきゃ。
でも…良かった。
……………。
それにしても…
相変わらず細…

玲奈「…りゅーくん。」

隆治「な、なに?」

玲奈「…沈む?」

ごめんなさい。

■筆者メッセージ
個人的にシリアスパートとギャグパートを混在させることが出来る作者様は天才だと思うんですが…
文才が無いと難しいですよね…
憧れます。
こらるめんて ( 2013/10/11(金) 08:29 )