彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第20章§
帰宅…したのは良いけど。
うん、家に帰ってきたのは良いんだ。
良いんだけど…
なんで明かり、ついてるかな…
ははは…
きっと学校行く時に消し忘れたんだよな。
さて、ドアを…

ガチャリ。

…鍵、空いてる。
おかしいな、鍵も閉め忘れたかなぁ?
…気を付けなきゃなぁ…

パタパタパタパタ…

…ですよね。
室内から足音がする。
もちろん居たのは…

玲奈「りゅーくんお帰り!…遅かったね?」

あれ?
怒ってない…
ほぼ1日放置しちゃったのに…
まぁ…
機嫌が良いなら助かるなぁ…

隆治「まぁ…ちょっと色々あってさ。」

玲奈「そっか、お疲れ様!お風呂にする?ご飯にする?それとも…アハッ♪」

アハッ♪
って何だよっ!
今の彼女はいつもの制服に白いエプロンを着けてる。
正直めっちゃ可愛い。
昼間の光のせいもあって…
変な目で見ちゃうじゃないか…

玲奈「なんかりゅーくん、私を見る目…いつもと違うんじゃない?アハハッ♪」

隆治「そ、そんな事ないない!」

バレてるし!
無心だ、無心にならなきゃ。
…というかサイコメトラーじゃなくても僕の考えバレるんだよなぁ…

隆治「じゃあ…」

玲奈「アハッ♪じゃあ…?」

隆治「…お風呂で。」

ポコン。

頭叩かれた。

■筆者メッセージ
朝早くに失礼致します!
本日分の更新致します!
きりよく20章となりました!
…思ったより長くなりました…
こらるめんて ( 2013/10/11(金) 08:24 )