彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第19章§
昔と今。
隆治「えっと、さっきの事は…」

サド「何の事だ?」

隆治「だからさっきの…」

サド「だから何の事だ?」

…サド。
今一緒に歩いている訳で…
話せる場所に連れていってくれてるとか。
着いたのはとある一室。

サド「…まぁ座れよ。」

隆治「…失礼します。」

緊張するなぁ…
元副部長だしー…

サド「ヤバ女、なんのつもりだって?」

隆治「最近マジ女の生徒を襲ってて…襲われた生徒は靴を回収されてるみたいで。」

サド「靴?…またなんで靴なんだ?」

隆治「そこまではまだ…ただ、戦利品、なのかなぁ…」

靴の理由まで調べなきゃいけないかな。
まぁしっかり調べなきゃ…

サド「それで。」

隆治「…え?」

サド「それで卒業生に話してどうするつもりだ?…気持ちは分かるが…今のマジ女を守るのは今のラッパッパの役割だろ。」

…それも分かってる。
…普通ならね。

隆治「分かってます。…現状の報告に来ただけで。」

サド「…そうか。」

隆治「ただ…」

サド「…なんだよ?」

これは卒業生として…
というか元ラッパッパとしては知っといて貰わなきゃ。

隆治「今のヤバ女の総長…シブヤみたいで。」

サド「…………………!」

動揺は…するよね。

隆治「じゃあ…失礼します。」

サド「…待てよ。」

何だろ…
ん?
何か書いてる…?

サド「…ここに行ってこい。」

…………………。
え!?
ここって…

サド「分かりやすい奴だな。…良いから行ってこい。」

…なんでこんな事に…

■筆者メッセージ
今更ながらこれはオリジナルストーリーになるので本編とは異なります。
ご了承下さい。(礼)
こらるめんて ( 2013/10/10(木) 19:35 )