彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第18章§
譲らなきゃいけない。…ちょっと悔しい。
僕はラッパッパの部室に駆け込んだ。

隆治「…おたべっ!」

おたべ「なんや、そんな急いでどないしたん?焦ったらかえって失敗するで?」

…確かに。
でもそれは分かってるけど…!

隆治「…歌舞伎シスターズ、負けたみたい。…シブヤに。」

おたべ「…そうなんや。」

冷静…だな…。
なんでそんな落ち着いて…

おたべ「橘、本格的にあんたの力…借りんとあかんみたいやね。」

隆治「抗争をどうにかしなきゃ、公正にも繋がらないからね。」

これで…僕も協力できそうだ。
何とかしなきゃ。

おたべ「そういえば、今日は一緒やないんやな?」

隆治「え?…ああ、玲奈…」

おたべ「…どうするつもりなん?」

さすがは部長、かな。
玲奈のことも考えてくれてるみたいだ。

隆治「できれば喧嘩からは離したい。…けど、玲奈はゲキカラだから…」

おたべ「…やから?」

隆治「マジ女がピンチな以上、喧嘩から離すってのは難しいと思うんだよね、ラッパッパの1人だから…」

…辛いけど。

おたべ「安心したわ。…あんたが行かせへん言うなら、蹴飛ばしてたで?」

はんなりな雰囲気して怖いこと言うなぁ…
でも…

隆治「でも今回まで。…今回の事件が一段落したら…玲奈、引き抜くよ。」

おたべ「ええ度胸や。…好きにし。」

どこか嬉しそうだなぁ…
彼女が本当に部長で良かったよ。

おたべ「さて、こんな穏やかな話も終わりや。」

隆治「今後、どうするか…だよね。」

■筆者メッセージ
おはようございます。
朝早くに失礼致します。
本日分1章目、更新致します。
こらるめんて ( 2013/10/10(木) 08:29 )