彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第17章§
…懲りない奴。
玲奈「もう!本当になんであんな…」

隆治「あのねー…お前いつからそんな男に抱き付くのが好きになったのさ?」

玲奈?「りゅーくんだけにだよ…?」

はぁ…
面倒だなぁ…

隆治「同じ手段、1回目駄目だったのに…2回目上手くいく訳ないでしょ?」

玲奈?「あははっ、もうバレちゃった?」

…やっぱり。
理由は分かんないけど今回は所見で気付いたよ。

光「ぱっと見で見破るなんて…変装に自信無くなっちゃうなぁ。あははっ、チャーミー凄い♪」

隆治「その呼び方やめてくれないかなぁ…で。今回は?」

光「りゅーくんの欲求を満たしてあげよーかなぁって。アハッ♪」

声色は似てるけど…
けど誰か分かってるから吐き気するよ…

隆治「…怒るよ。」

光「やーん、りゅーくん怖いー!ほらほら♪」

相変わらずふざけて…
…!
スカートをチラリと捲り上げる彼女…いや、彼。
白い肌が…
というか玲奈だからかなりどきどき…
じゃないから!!

隆治「…掌を前に出して、と…」

光「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!現状報告に来ました!」

現状報告…?
何の…?
というか玲奈だったらなぁ…

光「あれ?まだ脚見てる?アハッ♪りゅーくんのえっち♪」


余計な事を…!
男のサガでしょうが!!

隆治「歯、食いしばれ…寸て…」

光「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!本題に移るね!…歌舞伎シスターズ、負けちゃったよ。」

…!
なんでこのことを光は…

光「シブヤ、自分で手を下したみたいだよ?あはははっ、もう完全にヤバ女側だね♪」

隆治「光、ごめん!」

光「あはは、チャーミー走れー!」

おたべに知らせなきゃ!
これは本当に…戦争なるぞ…!

■筆者メッセージ
ネタがある程度たまったら1日3章や4章を更新出来るようにしたいと思います!
こらるめんて ( 2013/10/09(水) 18:04 )