彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第16章§
不思議と伝わる思い。…マズい部分だけ。
顔の火照りが冷めてからピザをテーブルの上に置く。
ピザは冷めてないから大丈夫!

玲奈「んー…良い匂い。食べよ食べよ!」

ピザに手を伸ばして食べる彼女。
うーん…
玲奈って白くて細い…
しっかり食べてるのにな…

玲奈「……?なーに?」

隆治「い、いやいや!何でもないよ!」

視線に敏感だなぁ…
でも本当に細い…
もう少し胸も…

玲奈「…りゅーくんの分タバスコたくさんかけてあげるね?アハッ♪」

隆治「あー!タバスコは…」

玲奈「必要だよね?…アハッ♪」

隆治「わー…美味しそうだなぁー…」

そんなに僕の考えって分かりやすいかな…
というかこの真っ赤なピザ…本当に食べるのかな…

隆治「…………!!」

うん。
口の中が大パニックです。

■筆者メッセージ
あ。
設定を忘れていらっしゃる方もいるかと思いますので再通告致します。
隆治くんは変態です。
もう一度言います。
隆治くんは変態です。
駄文失礼致しました。(礼)
こらるめんて ( 2013/10/09(水) 07:48 )