彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第16章§
新しい魅力みっけ。
玲奈「今日も良いお湯でした♪」

隆治「お、お帰り!」

さっきの発言もあって無性にドキドキしちゃうじゃん…
ああ…
目も合わせれないし…

玲奈「アハッ♪りゅーくんどうしたの?」

…玲奈の意地悪。
…でもそんな所も…

隆治「玲奈わざとで…!」

彼女の服を見てびっくりする。
寝巻き用のワンピース、俗に言うネグリジェってやつかな?
真っ黒なワンピースだけど首元と裾に白いレースが着いてる。
裾の左右端と首元についたピンクのリボンも玲奈の可愛らしさを引き立ててる。

玲奈「どーかな?…可愛く見える?」

隆治「…めっちゃ。」

ピンポーン

ぴ、ピザが来たみたい!

隆治「れ、玲奈!ちょっと出てくるね!」

玲奈「アハッ♪はーい。」

さて、お金を払って…
ん?
なんだ今さっきの自然な流れ…
なんか同棲してる…みたい?
自分で考えて顔赤くなってるし!
あー…
…恥ずかしい。

■筆者メッセージ
家でのラブラブに捻りが無くなってきました。
仮にデレデレな玲奈ちゃんが好きな方が居ましたら、非常に申し訳ないです。(礼)
こらるめんて ( 2013/10/09(水) 07:43 )