彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第15章§
あー…面倒事はつきまとう。
照れながらも歩いてる玲奈はとっても可愛いと思う。
そんな事考えてたら…

ヤバ女生徒1「あれあれ?編入生さんじゃないですかー?」

ヤバ女生徒2「ゲキカラさんと帰ってるしー!…お前らデキてんの?」

あ…
おたべも言ってたっけ。
狙われる可能性があるって。
まぁ出来るだけ刺激しないように…

隆治「えっと…君達、誰かな?」

ヤバ女生徒3「フザケてんじゃねーよ!聞いてどうすんだ?」

ヤバ女生徒4「とりあえずお前らの靴が欲しいんだわ。」

ヤバ女生徒5「大人しく脱いで寄越してくんね?…まぁボコるけど。」

落ち着ける、ってのがまず無駄な判断だったかな。
っと、グローブ着けなきゃ。
能力発動しちゃわないように、と。
用意したグローブを着けている時に…

ヤバ女生徒1「こいつ、生意気にグローブ着けてるぜ?」

ヤバ女生徒3「はははっ、オレらの総長のパクりじゃね?」

そっか、シブヤもグローブつけてたっけ。
あれ?
玲奈…?
震えてる…?

ヤバ女生徒5「あれ?あのゲキカラ震えてね?」

ヤバ女生徒4「まさか怖いんじゃねぇか?はははっ!」

玲奈「りゅーくん…ゲキカラに…」

隆治「我慢。玲奈、ちょっと見てて。…今からマジ女への理想を分かりやすく見せるからさ。」

さて、グローブ着けたし玲奈の前だ。
…負ける気しないよ!

■筆者メッセージ
またまた苦手なバトル描写になります。
回避したかったんですが…
ヤンキー、絶対回避させてくれないので(苦笑)
こらるめんて ( 2013/10/08(火) 20:29 )