彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第14章§
問題に板挟み。
玲奈「りゅーくん!やっと見つけた!…あれ?なんで…」

あ、見つかった!
光の格好は玲奈だ…
玲奈が2人居たら…
えっとえっと…
出来るだけ姿が見えないように背中に隠して…

玲奈「…なんでお前がここに居るんだよ。」

れ、玲奈…
声が低くて恐いよ…
でもお前って…

ネズミ?「あっしがどこに居ようと、誰と話そうと…あっしの自由っすよねぇ?」

ネズミ!?
ああ…光の変装…
いつの間に…
しかし良く見ても分からないよなぁ…
繊細に出来たマスクでさっき見た本物のネズミとそっくりで…
痛い痛い痛い!
腕掴むのにそんな力は要らないからね!?

玲奈「…行くよ、りゅーくん。…何を話してたのかしっかり聞かせてね?…アハッ♪」

…なんて説明するかな。

■筆者メッセージ
ハーレムものに関しても2つほどシナリオを考えています。
どんな話かプロローグだけでも掲載してみるのも良いかと思います。
こらるめんて ( 2013/10/08(火) 13:11 )