彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第14章§
その格好やめてくれないかな…
僕の知り合いで1人変装の天才が居る。
けど、そいつの変装は絶対に分かるはすが無いんだよな…
僕と“同類”だから。

玲奈?「ひどいよ…りゅーくん…」

隆治「その呼び方…やめてくれないかな?…玲奈以外から呼ばれたらちょっと気持ち悪いや。」

玲奈?「私以外から…?…くくく…もう駄目!あはははははっ!」

なんだなんだ!?
急に笑いだしたからびっくりしちゃったじゃん!
でも、やっぱり玲奈じゃないね。
笑い方違うし。

玲奈?「凄いよ、チャーミー!本当に…能力あるのに2人とも変装見破っちゃうんだもん!バカップルじゃないのかな?あははっ!」

目の前の人物は玲奈らしき声では無く少年の高い声で話し始めた。
やっぱり…
ってかその呼び方何とかならんかなぁ…
あとバカップルは違うからっ!
余計だから!

隆治「なんのつもりで来たのかな。…光?それにお前…抱き着くなんて…」

光「抱き付かれた時はチャーミーも嬉しかったでしょ?」

嬉しいもんか。

光「それに、良いこと教えに来てあげたんだからさ♪」

隆治「良いこと?」

今は玲奈によく似た人物なんだけど…
彼は藤宮 光(ふじみや ひかり)。
僕の居た学校の後輩なんだけど…
今みたいに変装が大の得意なんだよね。
なんで見破れたかが不思議だよ…

光「マジ女の生徒がヤバ女にやられちゃったよね?」

隆治「……!なんで…」

なんで知ってるんだ!?
うちの学校…関与してるとか…

光「それでね?ヤバ女のトップってね?…マジ女の元四天王のシブヤさんでーす!」

……………!
そんな…
なんの為に…

???「りゅーくーん!りゅーくーん!」

玲奈!?
しかも声めっちゃ近いし!
マズい、マズ過ぎるよ…

■筆者メッセージ
光くんの変装スキル、本来は能力もあって完璧なんです。
この2人が異常なんです、はい。
こらるめんて ( 2013/10/08(火) 13:06 )