彼女、取扱注意。




































小説トップ
§第13章§
友情のカタチ。
尺と協力して酷く傷付いているバンジーを吹奏楽部部室まで連れてきた。
保健室よりも優先しなきゃいけない、ということらしい。

ヲタ「バンジー!?」

ウナギ「なんだよこれ…」

アキチャ「誰にやられたんだ!?」

バンジー「ヤバ…クネ…」

か細い声で答える彼女。
ヤバクネ…
確か近くのヤンキー校だったかな…

アキチャ「アイツら、休戦協定破ったのかよ!」

休戦協定破棄…?
嫌な予感しかしない…

ヲタ「おい、行くぞ。」

ウナギ「行くってまさか…」

ヲタ「バンジーがやられて黙ってられっかよ!」

…!
いけない!

隆治「…行かせることは出来ないよ。」

ウナギ「…は?」

ヲタ「仲間がやられたんだぞ!?それなのに指加えて見てろってのかよ!」

…悔しいのは分かるよ…
だけど…

???「アンタが考えてる以上に、事態は深刻なんやで。」

■筆者メッセージ
シリアスな展開は相変わらず苦手です。
こらるめんて ( 2013/10/07(月) 19:24 )