彼女、取扱注意。




































小説トップ
§プロローグ§
自己紹介を兼ねまして。
とある事情から馬路須加女学園に編入することになった僕、橘 隆治(たちばな りゅうじ)。
まぁ編入する理由に関しては後から話すとして。
馬路須加女学園といえば特徴的なのはやっぱり吹奏楽部。
あの部活吹奏楽やってるのかな…
とりあえず、吹奏楽部は周知の通り最強武闘派集団「ラッパッパ」って呼ばれてる。
その中でも腕の立つ四天王、副部長、部長は格別らしい。
僕を編入させた上部からも彼女らは変わった能力だったり性癖があるって聞いてる。
統率(カリスマ)のシブヤ、加速(ソニック)のブラック、破壊嗜好(クラッシャー)のゲキカラ、思念同調(サイコメトリー)のトリゴヤ…
この4人がラッパッパ四天王と言われてた連中だ。
その上には副部長、加害性癖(サディスティック)のサド…部長だった戦闘狂(バーサーカー)の大島…
大島なんてのは血を流しながらも笑って喧嘩を楽しむ正に戦闘狂だったらしい。
まぁそんな奴らは卒業したって聞いた。
編入した上で遭遇する事は無いだろう。
今回、僕がこの学園に来たのはなんでも校長から依頼があったかららしい。
表向きは共学検討のため先駆けとしての転校みたいだけど…
真相は学園の“公正”。
それが僕の与えられた役割だ。
そもそもなぜ僕か?
それはまぁ僕もちょっと変わった能力があるからなわけで…

■筆者メッセージ
更新は申し訳ありませんが不定期になります。
感想・アドバイス・応援コメント・批判などなどお気軽に宜しくお願い致します。
こらるめんて ( 2013/10/01(火) 07:47 )