25幕 撮影会 〜4人目と5人目〜
01
水野愛理の元へ1通の連絡メールが届いた。

『○月×日予定 撮影会 集合場所・・・』

“撮影会”の言葉を見て、愛理の胸がときめく。

更に、そこに書かれていたもう1人のメンバーの名前に、思わず笑みがこぼれた。




山下「後藤はだめか・・・」

楽々は学業の都合云々と理由をつけて、断りの返事がきていた。

山下「どうせ学業なんて嘘なんだろうが・・・」

山下はパソコンに向かいながら、ぶつぶつと呟いている。

山下「だが、ヲタク共の熱が冷めないように開催していかないといかんしな・・・後藤は今回諦めるとしても、何か考えないと」

あれこれ考えながら、webサイトに告知を掲載する。



『撮影会 開催告知』

『開催予定日 ○月×日、場所 愛知県内』

『メインキャスト:水野愛理』

『今回もサプライズとしてゲストメンバー1名参加予定』

『ゲストメンバーは当日現地で発表【ヒント 同期】』

『今回も1発入札方式とします。募集人員 10人予定』



お!また撮影会きたぞ!

今回は愛知だから行けるな

ゲスト愛理と同期って、めっちゃ限定されるじゃんwww

あれ、楽々ちゃんいないんだ。

まーやんか、こっちゃんか、亜柚香か・・・でも、まーやん休んでるけどどうなんかな?

あー、今回もいきたいけど金無いんだよなあー

日帰りならスケジュール合わせられるかな

前回、愛理エロかったよなぁ・・・思い出したら勃ってきちゃったよ



サイトの掲示板には、様々な意見が飛び交っていた。

山下「ふふ・・・食いついてきたな」



その夜、愛理が共に参加するメンバーに電話をかける。


愛理『今度、一緒に撮影会だね!』

??『え?何々?』

愛理『あれ?こっちゃんの名前書いてあったけど・・・』

琴望『そうなの?連絡きてなかったよ?』

ゲストメンバーは、白井琴望のようだった・・・が、どうも話が噛み合わない。

愛理「見間違えたかなー・・・ちょっと待って」

愛理が連絡メールを再度確認する。

愛理「あ、やっぱりこっちゃんの名前があるよ。後でスクショして送るね」

琴望「うん、ありがと!」

ただ、琴望にはちょっと気になるところがあった。

琴望「ねえ愛理、撮影会ってもしかして水着とか着るのかな?」

愛理「え、こっちゃん撮影会って初めて?」

琴望「うん。水着だと嫌だなあ・・・最近ぽにょってきてるからダイエットしないと」

愛理(こっちゃん、太ってなんか無いと思うんだけどな)

琴望「愛理は撮影会ってやったことあるの?」

愛理「まだ1回だけだけどね。でも楽しかったなあ・・・」

琴望「そうなんだ、連絡きてないの、後でマネージャーに確認してみるね」

愛理「あ、この前の写真があったと思うから、一緒に送るね」

琴望「うん、ありがと」

愛理「じゃまたね、ばいばい!」



電話が終ってからしばらくして、愛理からLINEが届く。

連絡メールのスクショと撮影会のときの写真だ。

メールには確かに琴望の名前が書いてあった。

しかし、琴望はもう1つの写真に目をうばわれていた。

それは、愛理の他にゆなな、楽々も映っており、複数の男と乱交しているシーンだった。

静止画だったが、その情景が想像される。

琴望「これが・・・撮影会?」

琴望はその写真を見て、股間がうずいてくるのを感じていた。

琴望「こんな楽しそうなこと・・・早く山下さんに確認しないと」

夜も遅い時間になってしまったが、いてもたってもいられなくなった琴望は、山下に確認のLINEを送った。

ブラック・キャット ( 2019/06/26(水) 06:53 )