2幕 末永桜花
02
「おーちゃん、待ってたよぉ!」

(ひ……こ、怖い)

末永は足の震えが止まらず、頭が混乱していた。

「2週間ぶりだねぇ!元気だった?」

(お、落ち着こう……もしかしたら、ファンの人と触れあう企画かもしれないし……私へのドッキリ?)
「はい、私はいつも元気ですよ」

ファンの男と握手を交わす。

「まあ、ここに座りなよ」

末永をベッドに案内する。

(え、えええー!?これ、本当に何なの!?)
「いや、あの……」

末永は足がすくんでしまい動けなかった。

「ん?緊張してるのかなぁ?僕が案内するから靴だけ脱いで」

ヲタに手を引かれてベッドに座り込む。

「ふひひ、こんにちは」

「あ、こ、こんにちは……」

「俺の名前覚えてる?」

「あ……」
(やばい……名前……誰だっけ……思い出さないと)

「あれー?もしかして忘れちゃった?ひどいなぁ……」

「あの……ごめんなさい」

「ひどいなぁ……加藤だよ。ちゃんと覚えてよね!」

(あちゃー、やっちゃった……でも、頭混乱してて思い出せないよ……)

「さて……と、ちょっと待っててね」

加藤は、スマホを取り出し、鼻唄混じりで部屋の片隅にセッティングしていく。

「?」

「よし、これでオッケー……っと」

「何されてるんですか?」

「ああ、撮影してもいいってことなんで、動画をね。後で楽しみたいし」

「は、はあ……」

加藤がベッドに戻ってきて、末永の横に腰かける。

「時間も限られてるしはじめようか。ふひひ」

「は、はじめるって何ですか!?」

「あれ?聞いてないの?おかしいなあ……」

「な、何も聞いてません!」

「さっきの人、マネージャーさん?から、おーちゃんを自由にできる権利を買ったんだよ。高かったんだよぉ。2時間でXX万円もしたんだからさ……ふひひ」

「自由にって……え?そ、そんなこと、きい……てないです」

「もう10分は過ぎちゃったし、いくよ」

加藤がおもむろにキスをした。

「!!」
(い、いやっ!こんな男に……初めてのキスなのに……!)

「ちゅぅぅ……ほら、口開けて……」

少し開いた唇の隙間から、舌をねじ込み蹂躙していく。

「んん!んんんん!」

末永は腕を突っ張り抵抗しようとしているが、男の力には敵わない。

その後3分程が経過したが、加藤はキスをやめようとはいない。

(き、気持ち悪いのに……何か頭の中がぼーっとしてきてる……)

末永の腕の力が弱まった。

その瞬間を逃さず、キスは続けながら加藤がワンピースのボタンを外して脱がしにかかっていた。

「ん……んんー!」

末永の抵抗は敵わず、ワンピースが、脱がされてしまい、上下真っ白な下着があらわとなってしまった。

そのまま、ブラジャーのホックを外した。背面ホックだったので容易い作業であった。

ぷるん

(は、恥ずかしい……死にたい……)

ここで、漸く加藤は唇を離した。

「…………ぷはぁ!」

「へへ、俺キス大好きなんだよね。おーちゃんの身体白くてきれいだなぁ!おっぱいも可愛くて乳首もピンクだぁぁぁ!俺の想像通り!」

「い、いや……恥ずかしいの……もう帰して……」

「何言ってんだよ。まだ時間残ってんだしさ、いつものように楽しもうぜ!」

ブラック・キャット ( 2018/07/04(水) 13:29 )