1幕 坂本真凛
01
「じゃあ、行ってきまーす」

「行ってらっしゃい。今日は遅くなるんだっけ?」

「今日は特典映像の撮影だから、終わる時間分からない。終わったらお母さんに電話するね!」

彼女の名前は坂本真凛。
SKE48の8期生。
加入前からの熱烈なファンで、やったね!が口癖の元気っ子である。

場所は変わって、とあるビル街の一角。

「あ、マネージャー、おはようございます!」

「おはよう。」

「今日は他のメンバーいないんですか?」

今、この場には真凛と山下の二人しかいない。

「今日はインタビュー形式の収録でね。坂本一人だけなんだ」

「そうだったんですか」

「さて、時間になったから中に入ろうか」

ぎぃ……

貸スタジオルームに入る2人。

これが、狂喜の宴の始まりと知らずに……

ブラック・キャット ( 2018/07/03(火) 11:56 )