9幕 上村亜柚香
02
「なんで……なんで、あゆかがここにいるの……?」

浅井は上村がこの場に現れたことに驚きを隠せない

「だ、だってゆうかたんが心配で……」

「おいおい、腰が止まってるぞ!よそ見するなよ……と!」

浅井の下にいた男が、激しく腰を突き上げる

「ああああああああ!!!」

男の突きに反応して、身体が面白いように跳び跳ねる

上村はその姿を見て絶句してしまったが、視線は反らせずにいた

「あああ!だめ!あゆか、見ない……むぐっ」

もう1人の男が浅井の口にペニスを突っ込む

「こっちも疎かにすんなよ」

「むぐっ、んんん!」

男が突き上げる速度を早める

「んむ……はぁ!あっあっ!イ……イク!イクイク!」

あまりの気持ち良さに、口からペニスを吐き出し、顔を大きく横にふっている

「う……イッちまいそうだ……そら!」

男が奥深くに中出しをした

「あ……ああああ!イグぅぅ!!」

浅井は背中をのけ反らせイッてしまう

「ぁぁぁ……ぁ……」

男がペニスを抜くと、力尽きたように床に転がった

その膣からは、ザーメンが流れ落ちている

韓国へ行く前に犯された男達に、帰国後も何度か呼び出され凌辱を受けていた

そのせいか、自分の意思とは関係なく男達の行為に敏感に反応してしまう身体になってしまっていた

「あ……あ……」

上村は言葉を失っていた

(ゆ、ゆうかたん……どうしてこんな……)

「……あゆかぁ……ごめんね……」

浅井が涙声で謝る

「ふぅ、今日もいいよがりっぷりだったな、ゆうかちゃん」

「この子は、あゆかちゃんって言うのか。俺好みで可愛いねえ」

端で見ていた男が上村を見てそう言った

「このロリコンが……っても、俺も同じか」

「そうだ、ゆうかちゃんさ…………」

男が浅井に何やら耳打ちをしている

「え……そんなこと……」

「できるよな」

「………はい。でも……本当に約束守ってくれますか?」

「ああ、約束だ」

「…………分かりました」

浅井は男の言うことに従うしかなかった

反抗したらどんな仕返しを受けるか分からないし、今までの行為を録画したものを家族やネットに公開すると脅されている

今日も部屋の隅でビデオカメラが回されている

(あゆか…………)

浅井が上村に向かって近づいてくる

「ゆうかたん……」

「……あゆか……ごめんね……」

浅井は上村に優しく抱きつき、耳元で囁いた


ブラック・キャット ( 2018/07/28(土) 12:34 )