【出発】
01
ひょんな事から、勇介が牙狼の称号を受け継いで、一週間が経過した。あれからホラーは出現せず、平和な日々を過ごしているように思えるが、街は住みにくくなっていた。
軍隊が出動し、厳重に市民を警護している。ホラーから守るために。

一番の変化を遂げた勇介は、奈和の家にある研究室に来ていた。
魔戒剣をカプセルの中に入れ、調べていた。

その辺にある機材を弄る勇介は、後ろから奈和と魔戒剣の姿を見ていた。

メガネを掛けながら、パソコンをカタカタと操作する奈和は、魔戒剣についてを調べ終えた。


「この剣、あんたにしか操れないみたい」


「俺だけに?」


「うん。一般人にとっては、超重量の特殊金属でできているの。でも魔戒騎士となった勇介は、心の在りようによって重量を変えられるみたい」


なるほどっと何度も頷いた勇介は、手に持っていた機材を元の位置に戻した。


「それでさ、鎧は調べないの?」


「無理よぉ。だって新聞にも書いてあったでしょ? 皮膚が溶けちゃうって」


「あっ、そっか……」


勇介は、奈和の側に目を向けた。そこには、頭部のない身体をしたデザインの置物が置いてあり、頭部として、あのリングがフィットしていた。


「この指輪は、調べないの?」


「これ? これはただの指輪でしょ。調べる必要ないわよ」


椅子をくるっと半回転させ、パソコンと向き合った。


「おい」


「何よ勇介?」


「えっ、何も言ってないよ?」


「嘘つかないでよ。今おいって言ったでしょ」


「言ってないよぉ〜!」


立ち上がった奈和は、人差し指を縦に立てながら、勇介と言い合いを始めた。

そんな言い合いを、側から見ている第三者が、声を掛けた……。


「おい、お前らを呼んだのは、俺様だ」


2人はピタッと動きが止まり、部屋中をキョロキョロと見回した。


「な、なに今の……?」


怯える勇介は、奈和の後ろに隠れた。


「ここだ、ここ」


2人は、机の上にある置物に目を向けた。そこには、口をカタカタと動かす指輪があった。


「うぎゃあああ!!」


2人は大声で叫び、パニックに陥った。勇介は部屋中をぐるぐると駆け回り、壁に激突し転倒。奈和は棒状の機材を手に取り、武器代わりにした。


「ちょ、ちょ、ちょっと何よあんた!?」


「全く、騒がしい奴らだ。俺様は魔道輪ザルバ」


自己紹介をした指輪改め、魔導輪。
ザルバは古代より、黄金騎士のサポーターとして活躍している。傲岸不遜な性格だ。


「貴方、喋れるの?」


「驚く事はないだろ。俺様は、お前達に感謝してるんだ」


「感謝?」


「あぁ。お前達のおかげで、俺様は目覚める事が出来た。まぁ、同時にホラーも目覚めてしまったがな」


自分が目覚めた事は喜ばしいが、ホラーの目覚めは喜ばしくない。何とも複雑な気分であるザルバ。


「おい小僧」


「えっ、俺?」


「そぅお前だ。お前、牙狼を継ぐ気がないのなら、この女と代わる事だな」


「ちょ、ちょっと急に何を言うのよ!?」


「この男には、騎士としての勇敢な根性がない。魔戒のルールが無くなった今、女も騎士になれる。お前がなるといい」


ザルバの言うことに戸惑う2人。すると勇介が、奈和の前に立った。


「ダメだ。奈和は女の子だし、あんな危ない事はさせられないよ!」


ザルバは、軽く笑った。


「そうだ。その心意気を見たかったんだ」


「えっ?」


「悪く思うな。少し、お前さんの気持ちを調べさせてもらった」


「もぉ〜。驚かすなよユビワ〜!」


「ザルバだ」

黄金騎士 ( 2014/07/05(土) 13:02 )