プロローグ
01
暗い街中を逃げ回る、血だらけの女性が1人。
狭い路地裏に入り、障害物を倒しながら走った。

追われている……。

追手の足場を少しでも悪くしようと、障害物を倒した。咄嗟の閃きだ。

狭い路地裏を通り、辿り着いた広場。噴水のある綺麗な場所で心地よいのだが、彼女の感情は恐怖のみ。
自分が走って来た道を見た。誰もいない。ただ冷たい風が吹いている。
振り返った彼女は、流血する腕を抑えながら、走ろうとした。

彼女は立ち止まった。

目の前には、ゆっくりと自分に近づいて来る者が居た。

白いロングコートを身に纏い、赤い鞘の剣を持った男だった。


「こ、来ないで!」


彼女は左手を大きく振りながら、近寄る男に叫んだ。

聞く耳を持たぬ彼は、徐々に彼女との距離を縮めている。
左手に持つ鞘から剣を抜いた。

殺される。
そう思った彼女は振り返り、逃げ出した。

すると男は、天高く飛び上がり、彼女の目の前に着地した。
顎を引きながら、右手で持つ剣の先端を彼女に突きつけた。
後退する彼女を追うように、一歩ずつ近づいている。


「こ、殺さないで……!」


彼女が背を向け逃げ出そうとすると、彼は剣を振り上げ、右斜め上から彼女の背中を斬りつけた。


「ううっ!」


苦痛の表情を浮かべ、ゆっくりと彼の方へ振り返った。
彼は素早く前に飛び出し、彼女の脇腹を斬りつけた。彼女は悲鳴を上げた。

その時、人間である彼女の口が、花弁のように四つに開いた。

背を向けている彼は、背後に立つバケモンに対して、言葉を掛けた。


「貴様は、既に死んでいる。ホラーに憑依された時点でな!」


口の形が元に戻り、歯を食いしばる彼女は、両腕を顔の前でクロスし、一気に両側へ開いた。
奇妙な暗黒の光が彼女を包み込み、彼女は姿を変えた。

暗黒の身体は固く、棘のような角が生えており、眼球は白。絵に描いたような悪魔が、彼の前に立っていた。
彼に向かって奇声をあげ、威嚇をしたバケモンは、背に生えた翼を広げて飛び上がり、彼に向かって一直線に向かって行った。

彼は右足を軸にし、反時計回りに身体を動かした彼は、自分を狙ってきたバケモンの背中に剣を突き刺し、コンクリートの地面まで貫いた。

身動きを取れず、もがき苦しむバケモンから剣を引き抜き、蹴り飛ばした。

起き上がったバケモンは、両手を斜め下に広げ、奇声を上げた。

顎を引きながら相手を睨むのがくせの彼は、右手に持つ剣を頭上に突き上げ、円を描いた。

すると、その円は光り輝き、中から黄金の鎧が舞い降りてきた。

鎧は、彼の体へ吸い付くように纏われた。


光り輝く黄金の鎧を身に纏う騎士は、こう呼ばれている。



牙狼……。

黄金騎士 ( 2014/06/30(月) 18:28 )