上村莉菜の陥落物語
4.陥落七変化
 手下に嬲り殺しを命じた一時間後…。
 シャワーを浴びて、バスローブ姿で部屋に戻ってきた鮫島は、扉を開けた瞬間、ニヤリと笑った。
 まず鼻をつく発情したメスのニオイ。
 部屋を覆うムッとした空気は、ツンとくる女の汗の香りを存分に含んでいた。
 そして、その部屋の中央、男たちの輪の中で、震える女体。
「あんっ…んんっ、はうぅッ…!」
 スケスケ衣装の伸縮によって固定されたバイブとローターの振動音に合わせて漏れる声は、一時間前と比べて格段に女っ気を増していた。
「おかえりなさいませ、親分」
 と敬礼をする手下たち。
「…イカせてないだろうな?」
 と問うと、男たちは笑って、
「ええ。この通り、一時間ずっと生殺しにしてますよ」
「もうパンっパンに膨らんだ風船同然。少し長めにやればすぐにイッちまうほど高まってますぜ」
「その証拠に、親分、見てくださいよ。この涎」
 と男が指差した莉菜の口は開きっぱなしで、白い頬には我慢の限界を物語る唾液の道、そして枕元にはおねしょをしたようなシミを作っていた。
 目線をズラせば、ローターを押し当てられて肥大した乳首、そして汗でへばりついた陰毛の奥から唸りを上げて蠢くバイブの暴れっぷりが見える。
 それらの淫具の振動によって、次第に声が上ずり、
「んっ、あぁっ…!?イ、イクっ!イクぅぅっ…!」
 と喘ぐ莉菜だが、これまで通り、寸前に手下たちのリモコンの操作によって振動が止まり、また絶頂はお預け…。
「ふぁぁっ…!?うぅっ…お、お願い…も、もう…イカせて…!これ以上、焦らさないでぇっ…!お、おかしくなる…!狂っちゃうからぁっ…!」
 とベッドを軋ませ、腰を揺すって懇願する姿は敗者そのもの。
 一時間以上に及ぶ寸止め地獄は、既に莉菜の自我を完全に崩壊させていた。
「ちょうだい…!続きをちょうだい…!」
 と繰り返す莉菜の姿に、
「ククク…よくやった、素晴らしいぞ!それでは、そろそろ俺が直々に相手をしてやろう!」
 と嬉しそうに笑みを浮かべた鮫島は、羽織ったバスローブを脱ぎ捨て、莉菜を奈落の底に堕とすとっておきの凶器を隠したパンツをゆっくりと下ろした。
 ボロンっ…と飛び出てそそり立つ巨根。
 汗と汁まみれの莉菜の身体を心ゆくまで味わおうと臨戦態勢のイチモツを掴み、ゆっくりと目隠しされた莉菜の頬に擦りつける。
「きゃっ…!」
 その異物感に驚く莉菜に対し、
「これが何か分かるか?」
 と聞くと、莉菜はうんうんと頷き、勢い込むように、
「オ、オチンチン…!おっきいオチンチン…!」
「オチンチン…?そんなガキのような言い方じゃ、つまらんな」
 と舌打ちをして、スッと遠ざけてやれば、すぐに、
「あぁっ…チ、チンポっ!固くなったチンポぉぉっ!」
 と、その童顔な顔立ちからは想像もつかない下品な絶叫をする莉菜。
「…欲しいか?」
「ほ、欲しい…!」
「それじゃあ、まずはその口で捕まえてみな」
 と鮫島は言って、ペチペチと莉菜の唇に男根を打ちつけた。
「はぁっ…!んはぁぁっ…!」
「そらっ!そらっ!…どうした?欲しいんだろ?捕まえてみろ!」
 一定のリズムで打ちつけつつも、簡単には捕まらないよう、莉菜の口元からスッと遠ざけてはご満悦の笑みを浮かべる鮫島。
 塞がれた視界の中、何とか捕まえて頬張ろうと一生懸命に口を開けて待ち構える姿は、まるで餌を欲する池の『鯉』…。
 そして、待ってるだけではラチがあかないと、舌を出して涎を垂らす莉菜。
 そこをめがけて、ペチン、ペチン…と繰り返される肉棒ビンタ。
 やがてリズムを読んだ莉菜は、神経を集中し、接触の瞬間と同時に器用に舌を巻きつけて絡めとると、次は『アナコンダ』のようにそのまま首を持ち上げ、口一杯に頬張った。
 そのまま、
「んぐっ…!んぐっ…!」
 と勢いよく丸呑みにする莉菜。
「ククク…捕まっちまったか」
 と鮫島は笑って、
「おら、捕まえたからにはしっかり奉仕しろよ!この変態女!」
 と腰を突き出した。
「んごぉぉっ!?」
 顔に似合わず、下品な音を鳴らす喉の奥。
 やがて、ジュポ、ジュポ…と唾液混じりの濁音が響くと、莉菜は、ガチガチに拘束された手足を捻り始めた。
「どうした?その体勢じゃ不自由だから外してほしいか?」
「は、はいぃっ…!」
「外したらどうしてくれるんだ?」
「オ、オチンポの隅々まで舐めますっ…!さ、先っぽも玉も…!そ、それから…て、手で握ってシコシコして…あ、あとは…!」
「分かった、分かった。そう焦るな」
 と鮫島はたしなめ、手下に目で合図をした。
 ようやくロープが緩み、完全な拘束から解放される四肢。
 手首、足首には何重にも巻かれたロープの痕がくっきりと残り、白い肌を鬱血させていた。…が、そんなことには構わず、拘束が解けた瞬間、手足をついて『犬』のように四つん這いになる莉菜。
「そらっ!改めてたっぷりと奉仕し、有言実行してもらおうか!」
 と目隠しも取り去れば、莉菜は、うっとりとした目で四つん這いのまま、鮫島の巨根に飛びついた。
 ソフトクリームのように根元から先に向けて舌を這わせ、塗りつけた唾液を潤滑油にして、その小さな手の平で握って扱き、同時に先端の浮世離れした太いカリを頬の裏に引っ掛けてねぶるような、ねっとりした至極のフェラのを披露する莉菜。
「ククク…可愛い顔をして、なかなかツボを心得たテクニックを持ってるじゃないか。さすが、捕らえた男を痴女責めしていただけはあるな。だが、しかし…!」
 鮫島は莉菜のロングヘアーを掴み上げ、喉奥まで巨根を打ち込んで、
「それも今じゃ形勢逆転!所詮、女が男を支配するなんてのは夢物語でしかないんだよ!分かったか、おらっ!」
「んぐっ!」
「貴様も、今までの女と同様、男を相手にいきがった罰として、今までコイツらに味わわせてきた数々の仕打ちを、今からその身をもって償うのだ!」
「んぐぅぅっ!があぁっ…!げほっ!げほっ!」
 喉奥を犯され、思わずえずいて吐き出す莉菜。
 支えていた肘を折って崩れ落ちるも、休む間もなく、手下どもの操作により、止まっていた振動が乳首、膣内へと襲いかかる。
「んあぁっ!?」
 刺激に飛び起きる莉菜。
「ククク…誰が寝ていいと言ったんだ?おら、さっさと起きて、もっと咥えろよ」
 と髪を掴んで捻り上げ、再び莉菜の口にモノを押し込む鮫島。
「うぐっ…!」
「欲しいんだろ?それとも、いらないのか?」
「ほ、欲しい…です…!」
「そうだろ?だったら休まずに、ちゃんとやれよ」
「は、はい…」
 身体を起こし、性感帯を責める振動に耐えながらフェラを再開する莉菜。
 鮫島が前屈みになって伸ばす指が、四つん這いの莉菜の真下から乳首を弾く。
「んっ、んっ…!」
「離すなよ?口を離したら、寸止めをもう一時間プラスするからな?」
「んっ、んんっ…!」
(い、嫌っ…!そ、そんなの無理…!)
 と、揺れるイチモツに必死に食らいつく莉菜。
「ククク…見ろよ、お前ら。口をキュッと締めてなかなか離してくれねぇよ。『スッポン』か?コイツは」
 と手下に笑いかける鮫島と、それに呼応して、
「ねぇ、親分!早く俺たちにもヤラせてくださいよ!」
「俺たちもそのスッポンフェラ、早く味わいてぇっスよ!」
「分かった、分かった。もう少し待ってろ。まず俺が遊んだ後は、お前らの好きにさせてやるさ」
 鮫島は器用に体勢を入れ替え、フェラを続ける莉菜を自分の上に跨がらせてシックスナインの体位に移行し、
「おい、スッポン女。分かってるな?絶対に離すなよ?」
 と、再度、念を押し、莉菜の股間に挿さったバイブをゆっくり引き抜いた。
 ニュルンっ…と押し出されるように出てくると同時に、モノを咥えたまま、
「あんっ…♪」
 と声を上げる莉菜。
 寸止め一時間ぶんの愛液をまとった疑似男根の艶かしい光沢。
 鮫島は、バイブを放り投げると、まだ穴を開けたままヒクヒクしている秘部めがけて下からむしゃぶりついた。
「んんっ…!はぁっ!?んんっ!」
「ククク…これはこれは、もう完全にとろけて、すごい熱さだ。舌を火傷しそうだよ」
 ジュル、ジュルと相手に音を立てて愛液を舐めとるクンニに悶絶する莉菜は、またも肘を折り、イチモツを咥えたまま鮫島の身体の上に崩れ落ちた。
「んぐっ…!んぐっ…!」
 焦らされ続けて感度がバカになった身体の疼きを収めてもらおうと、言いつけを守って口から離さない莉菜。
 その執念は、やがて、割れ目の周辺の愛液を全て唾液に塗り変える作業が終わった頃には、酸欠寸前にまで陥っていた。
 そこで、ようやく、
「よし。もういいぞ」
 と許しが出て、口を離す莉菜。
「さぁ、仕上げにコイツをどこに欲しいんだ?自分で示してみろ」
 と言われ、ゴロンと寝返りをうって仰向けになり、裏返った『カエル』のようにムチムチした脚を折り曲げて、衣装をズラし、おっぴろげた股の間の秘貝を自らの指でゆっくりと開いた。
 ヌチャァ…と音を立てて糸を引く粘液と、湯気が出るほど熱を帯びた秘肉。
 呼吸をするようにヒクヒクと震える秘部を晒して、
「こ、ここに…オマンコに…挿れてください…」
 と口にした瞬間、鮫島は獣と化して莉菜の身体に覆い被さり、自慢のどす黒い凶器を奥まで一気に打ち込んだ。
「んひゃぁぁっ…!?」
 ビラビラを広げていた指が弾け飛び、鮫島の腕の中で大きく仰け反る莉菜。
「す、すごぉっ…き、来たァっ!お、奥まで一気に…!んっ、はぁぁっ!?」
「さぁ、とくと味わうがいい!残りわずかな理性を溶かし、貴様の身体を肉奴隷へと仕立てる底無しの快楽をなぁ!」
 と引導を渡す一言とともに、一気にトップギアに入る快楽調教の鬼ピストン。
「んひっ、ひぃっ!あぁっ!は、早すぎ…!ダ、ダメぇっ!そ、そんな早くしたら、し、死ぬ…!死んじゃうぅっ!」
「何を言ってやがる!これが貴様の待ち望んでいたものだろう!」
「んひゃあぁぁっ…!」
 数々の男を魅了してきた童顔が快楽に歪み、結合部を震源地にした大地震によって、ぶるんぶるんと翻弄される白い乳肉。

 ビリビリビリ…!

 と、鮫島は指がスケスケの衣装を谷間から引き裂き、汗まみれの乳房を露出させると、鷲掴みにして、そしておもむろに先端の硬化肥大した乳首に吸いついた。
「んんっ…!」
「ククク…こんなに勃たせやがって。こういうエロい乳首は歯を立てて甘噛みしてやろう」

 カリッ…!

「んあぁっ!?」
 固くなった乳首に歯を立てられるたび、鮫島の首に手を回し、肉感的な太ももをキュッと締めてホールドする莉菜。
「何だ、それは?乳首だけでは飽きたらず、そのまま休まずに突いてくれということか?えぇ?」
「ひゃあぁっ!?あぁっ!す、すごぉぉっ…!」
「強欲なヤツだ!とうとう本性を見せたな!もっと暴いてやるよ。貴様の素顔をなァ!」
 ズドン、ズドン…と最深部まで打ち込まれる杭に感嘆に似た声を上げる莉菜。
(き、気持ちよすぎ…!た、たまんないっ…い、今まで出会ったどんな男よりも…き、気持ちいい…!ダ、ダメ…!)
 そんな思いから、よりによって自らの身体を犯し、我が物に調教せんとする悪魔に抱きつくという皮肉…。
 だが、今の莉菜には、もはや、そんな葛藤はない。
 とにかく目の前の逞しい身体に抱きつき、この全身を突き抜ける快感をただひたすら堪能するのみ、だ。
「どうだ?気持ちいいか?」
「んんっ、あんっ…き、気持ちいいっ!はぁぁっ!?」
「ククク…寸止めは終わりだ!このまま心置きなくイクがいい!さぁ、俺のチンポに屈して、溜まりに溜まった欲を解放してみせろ!」
「んあぁっ…!イ、イクっ!イクっ!ダメぇぇっ!んひゃあぁぁっ…!」
 言われるままに、悪魔の腕の中で、びくんびくんと痙攣して果てる莉菜。
 焦らされ続けた性感の待ちに待った爆発は、莉菜の体力を一気に奪い、自力で起き上がる力すらも消耗した。
 だが、それだけでは終わらない。
「ククク…俺様の調教が、こんなもので済むと思っているのか?」
 と、起き上がることも出来ない莉菜を抱え、そのまま立ち上がって駅弁ファックで二回戦。
「んんっ!あっ、あっ!お、奥まで来るぅっ…!ひぃぃっ…!」
 重力に逆らえず、されるがままの莉菜。
 鮫島の身体に『コアラ』のようにしがみついたまま、二度目の絶頂で気をやり、最後は、
「おら!そこの壁に手をつけ!後ろから突いて、肉奴隷の烙印を押してやる!」
 と命じられ、立ちバックでのエンドレス絶頂ファックで完膚なきまでに叩きのめされる地獄のプログラム。
 無理やり立たされ、むっちりとした尻に平手を打たれながら犯され続ける莉菜。
 生まれたての『仔鹿』のようにぷるぷると震える脚で何とか身体を支えるも、全身をつんざく快楽には太刀打ちできない。
 最後は髪を掴まれ、失神寸前の意識朦朧とした中で、
「さぁ、とどめだ!上村莉菜!これが今日からお前の主人となる俺様からの、陥落記念のプレゼントだ!」
 という言葉とともに繰り出されるマシンガンピストン。
 その怒濤のスパートに
(ダ、ダメ…!こ、このままじゃ…な、中に出される…!)
 と女の勘で危険を察した莉菜だが、もはや振りほどく力など残っていない。
 それに、莉菜自身、頭ではもちろんダメだと分かっていながらも、その意思に身体が背いてしまう。
 熱を帯びた身体は、その膣の奥に、もっと熱いものを浴びたくてウズウズしてしまっていた。
(ダ、ダメ…!中はダメっ…!)
 と思いつつ、口では、
「く、ください…!あ、熱いの…ください…!」
 と懇願してしまう。
「よし…だ、出すぞぉぉっ!くれてやるから一滴残らず受け取れぇぇっ!」
 という獣の呻き声。
 刻一刻と侵食されていく身体、そして脳。
 その証拠に、視界が徐々に白く染まる。
 まるで全身を白煙に巻かれるように…!

鰹のたたき(塩) ( 2020/11/29(日) 08:51 )