長濱ねるの陥落物語
4.淫語漬け
 自我をかなぐり捨て、鮫島の股間に一心不乱に腰を擦りつけ、髪を振り乱すねる。
(か、固いっ…!固いのが当たってるっ!た、たまんないよぉっ…!)
 その山が固く、そして大きくなることで、ねるにとっても、より快感は増す。
「ククク…その表情、その腰つき、もう我慢できまい!」
 鮫島は満足そうに笑い、
「どうだ?俺のパンツを脱がして直に擦り付ければ、もっと気持ちいいかもしれんぞ?」
 と、わざと入れ知恵のように言うと、ねるは目の色を変え、血走ったような眼をして鮫島のパンツを引きずり下ろした。
 飛び出る百戦錬磨のイチモツ。
 仲間の石森虹花、そして女王と名高い渡邉理佐までもを虜にした代物に思わず見とれるねる。
(す、すごい…!太いカリに、血管もあんなに浮き出て…こ、こんなの見せられたら…!)
「ククク…どうしたんだ?物欲しそうに眺めて」
 と鮫島が問うと、ねるは誘うような目をして、
「ほ、欲しい…!それが欲しいのぉ…!」
「それ?それとは?」
「オ、オチンチン…!」
「オチンチン…?」
「あぁっ…オ、オチンポぉっ!」
「ククク…そうだ。そう呼ぶんだ」
 と、鮫島は満足げに笑みを浮かべ、続けて、
「こいつをどこに欲しいのか言ってみろ。上手に、そして卑猥にお願いすることができたら挿れてやるぞ」
 その言葉を受け、ねるは躊躇もせず腰を浮かせ、がに股になって、
「こ、ここに…!ね、ねるのオマンコに、その固いチンポを…!」
 と懇願する。
 だが、鮫島は不満そうに、
「その程度なら今まで堕としてきた幾人もの女が、みんな口を揃えて言ってたよ。ありきたりで独創性が無いな」
 と一蹴し、
「次がラストチャンスだ。よく考えて発言するんだな。これを逃したら、手だけじゃなく、足も拘束して放置するからな」
 とプレッシャーをかけた。
(そ、そんなぁ…!)
 ただでさえ両手を後ろ手にされて辛いのに、足まで固定されては、もう擦り付けオナニーも出来なくなる。
 頬に伝う冷や汗。
 失敗は許されない淫語テスト。
「さぁ、言え!今までもてあそんできた男たちに言わせていたように言ってみろ!」
 と言われ、ねるは、脳内で必死に言葉を募り、
「ね、ねるの…つ、つゆだく淫乱マンコを…カ、カリデカ極太チンポで…お、奥の奥まで突いて、お、犯してください…!め、メチャクチャに犯して…は、はしたない喘ぎ声を…いっぱい聞いてください…!」
 と声を発した。
 それを聞き、一斉に笑い出す周りの男たち。
「ギャハハハ!こいつは傑作だ!」
「今、何て言った?まったく、とんだ変態ヤローだぜ、こいつは」
「なんてことない、ただのドMじゃねーか!」
 と、湯水のように罵声を浴びるねる。
 そして…。
「あーあー、顔が真っ赤じゃねぇか?何だ?恥ずかしかったのか?」
「━━━」
 男たちはベッドに上がると、がに股で震えるねるを取り囲み、
「これで少しは、俺たち、奴隷にされた者の気持ちが分かったろ?」
「そうやって快楽を欲するあまり、恥を捨てて懇願してもなお、お前らは焦らしたり、罵倒したりして俺たちをもてあそんだんだぜ?」
「同じ目に遭わせてやろうか?えぇ?」
 男の一人が、鮫島の竿に腰を下ろそうとするねるの長髪を掴み、捻り上げる。
 亀頭が割れ目に触れながら、無理やり身体を持ち上げられるねる。
 堪らず、涙声で、
「い、嫌ぁっ!ほ、欲しいの!もう我慢できないから…!これ以上、焦らしないで!ゆ、許してぇ…!」
 と、駄々っ子のように腰をくねらせて懇願する。
「だったら、オチンポ、オチンポって物欲しそうに言い続けてみろよ!」
 と言われ、ねるは迷うことなく、
「チンポぉ…!オチンポくださいっ!固いオチンポぉっ!」
 と連呼した。
 それを10回、20回と言わせた男は、ニヤリと笑い、
「へへへ、上出来だ。そんなに欲しいのか。だったら、たっぷり味わえよ、おらっ!」
 と言って、おもむろに、ねるの肩に手を置き、ぐっと体重をかけた。
「あっ…!んっ、はぁぁっ!?」
 重さに負け、がに股の脚が折れて身体が落ちるとともに、割れ目にあてがわれていた鮫島のイチモツが勢いよく奥まで突き挿さった。
「がぁっ…!はぁっ…!」
 待ち焦がれ、ようやくありつけた刺激に思わず仰け反るねる。
 だが、酔いしれるねるのことなど考えず、男は、ねるの腰を掴み、持ち上げては落とし、持ち上げては落とし…で無理やり上下させる。
「んあぁっ!ひ、ひぃっ!ま、待って…!あぁっ!」
「何だ?欲しかったんだろ?」
「んっ!あぁっ…!じ、自分で…!自分のペースでやらせてっ!んひゃぁぁっ!」
「お前のペース…だぁ?淫乱のくせに生意気なこと言ってんじゃねぇよ、おらおらっ!もっと高いところから一気に落ちるんだよ!こうやってよぉ!」
「んひぃぃっ!?」
 すっかりとろけた身体を使った強制ピストン。
 自分の意思と関係なく腰を操作されるマリオネット状態だが、そんな屈辱的なセックスでさえ、ねるは恍惚の表情を浮かべ、みるみる溺れていく。
「へへへ。どうだ?鮫島さんのチンポは?」
「んっ、さ、最高ぉっ!お、奥まで来てるっ!んはぁぁっ!」
「奥?奥って、どこの奥だよ?」
「オ、オマンコぉ…!ね、ねるの濡れ濡れマンコぉっ!」
「ほぉ、そいつは気持ち良さそうだなぁ?じゃあ、こういうのはどうだ?」
 男が、掴んだ腰を円を描くように振り回すと、ねるは、
「んひゃぁっ!?あ、当たるっ!マンコの中の、いろんなところに当たるぅっ!こ、これ、すごぉっ…!た、たまんないよぉっ!」
 と絶叫し、味を占めて、腰を掴む手が離れてもずっとその動きを続けた。
 さらに、
「その動きを膝を立ててやれ!」
 と言われ、素直に従うねる。
 グィン、グィンと、掻き混ぜるように円を描くレゲエダンスのような卑猥な腰つき。
 それに没頭するねるの隙をつき、別の男がぼよんぼよんと弾む乳房の先端、淫蟲の毒で痛々しいほどに勃起したピンク色の乳首を摘まむと、ねるは、
「んはぁぁっ!?」
 と、より甲高い声を上げる。
 腰を振る遠心力で引っ張られる形になると、さらに気持ち良さそうだ。
「お、おかしくなるっ…!おかしくなっちゃうよぉっ!」
「いいぜ、おかしくなったところを見せてくれよ」
 と男は笑いつつ、
「おら、ちゃんと実況しろよ。どこが気持ちいいのか、ちゃんと伝えろ」
「んあぁっ!マ、マンコと乳首…!ど、どっちも気持ち…いいっ!んはぁぁっ!?」
「ほぅ、どっちもたまらないか。乳首は、今、どんな責め方をされてるんだ?」
「つ、摘まんで…コリコリされてる…!」
「乳首責めは好きか?」
「す、好きぃっ…!び、敏感なの…!す、すぐ感じちゃうから…」
「なるほど。それじゃあ、変態乳首だな。おら、自分で言えよ」
「へ、変態乳首…!変態乳首、気持ちいいっ!あぁっ、ダメぇっ!」
「へへへ…いいぞ。素直になってきた。この調子でまだまだ言わせるぞ。次はマンコだ。マンコはどうなんだ?」
「マ、マンコは…」
「おっと待った。『長濱ねるの淫乱グロマンコ』…だ」
 自分の名前を言わされる屈辱的な指示も、今のねるは難なくこなす。
「わ、私…な、長濱…ねる…の、い、淫乱グロマンコ…!パ、パックリ開いて、お、おっきいチンポ咥えてるの…」
「どこまで?」
「お、奥まで…!い、一番…き、気持ちいい奥の奥まで咥えて…あぁっ!ダメっ…!こ、腰が止まんないよぉっ…!」
 聞くに耐えない淫語を言わされながら、結合部を見せびらかして絶叫するねる。
 その卑猥な姿に、ねるを虜にする竿の主、鮫島も笑みを隠せず、
「ククク…俺のチンポが貴様の下の口に捕食されているところが丸見えだ。顔に似合わない剛毛も、奥から流れ出るマンコ汁も、ヒクヒクしているビラビラも、そして剥き出しで揺れる巨大なクリトリスも、全て見えているぞ!」
「んあぁっ!い、言わないでっ…!きゃぁぁっ!」
「そらっ!これでもっと狂ってみせろ!」
 高く掲げられた鮫島の指が、トルネード騎乗位を愉しむねるの肥大したクリトリスを摘まむ。
「んはぁぁっ!?ク、クリぃっ!?クリ、ダメぇっ!」
「何がダメなんだ?こんなに勃起してるじゃないか」
「か、感度が…!感度がおかしくなってるからダメぇ…あぁっ!?そ、そんな転がされたら…んひぃぃっ!?」
 結合部から掬い取った淫汁を潤滑油にして、まるでアンプのツマミを回すような触り方。
 淫蟲の毒に冒されたねるのクリトリスにとって、その触り方は発狂の決定打となった。
「んひぃぃっ!?ダ、ダメっ!イクっ!イッちゃうぅっ!」
 自制の利かない腰をくねらせ、涎を垂らして絶頂を予告するねる。
 すると、その声を好機とみるや、鮫島は目の色を変え、急に身体を起こし、そのまま、上に乗ったねるを押し倒して正常位に移行した。
「んあぁっ…!あぁっ!ダ、ダメぇっ!」
 ベッドにバウンドしたのも束の間、鮫島のマシンガンピストンで高みへ一直線のねる。
「ククク…やはり女を堕とす仕上げは、その裸体を眼下に見下し、理性を失う瞬間のイキ顔を間近に拝める正常位に限る!」
「あぁっ!?あんっ!あんっ!!」
「さぁ、イクがいい!この絶頂を機に、これからは俺たちの性奴隷として可愛がってやるぞ!貴様の人生のターニングポイントだ!…さぁ!さぁっ!!」
「んひゃあぁっ!?イ、イクぅぅっ!んあぁっ…!」
 まるで電動ドリルのような破壊的なピストンでとどめをさされ、電気ショックを受けたのように激しく腰を跳ね上げたねる。
 そして頭が真っ白になって朦朧とした表情に浴びせられる支配の証、熱々の白濁汁…。
 威勢の良かった取り巻きの男たちも一転、ねるに見舞われた怒濤のピストンの凄まじさに感嘆としている。
「はぁ…はぁ…!」
 焦点も合わない目で天井を見つめるねる。
 そんなねるに、鮫島は、
「ククク…改めて自己紹介しよう。たった今、この瞬間から君の“主人”となった、復讐兵団のリーダー、鮫島だ。そして君は、私の性奴隷…よって、今後、私との営み中は淫語を徹底すること。…いいな?」
「━━━」
「返事がないぞ」
「んひゃあぁっ!?」
 鮫島の指先が、湯気が立つほどトロトロになった割れ目をなぞる。
 淫蟲の毒は、まだ消えてはいない。
「分かったな?」
「は、はい…」
 朦朧としたまま、こくりと頷くねる。
「よろしい。…では、私の奴隷になって早速だが、我々のさらなる侵攻のため、君にも一仕事してもらおうか」
 と鮫島は、ねるの髪を掴んで首を持ち上げ、耳打ちをした。

「次の獲物はお前に決めてもらおう。お前が選び、呼び出し、騙して俺の元へ連れてこい。うまくやれば、再び、この至上の快楽をその身体にくれてやるぞ…」

 ……

 夜。
 電話が鳴った。
(こんな時間に誰からだろう…?)
 と首を傾げて携帯電話を手に取るメンバー。

<長濱ねる>

 画面に表示された先輩の名前に、
(珍しいな…)
 と思いながら、手を伸ばし、応対する女。
「はい、もしもし」
「もしもし…?関ちゃん…?こんな夜中にごめん。ちょっと相談したいことがあるんだけど…いいかな?」
「はい。どうかしたんですか…?」

 翌日、関有美子は、疑うこともなく、ねるの呼び出しに応じて指定された場所に出かけた…。
 それが、統治メンバーきってのお嬢様である彼女の秘められたオンナの本性を暴く悪魔の罠とも知らずに…。


(つづく)

鰹のたたき(塩) ( 2020/08/28(金) 16:30 )