渡邉理佐の陥落物語
1.地獄への旅立ち
 ある日の夜だった。
 この欅共和国の統治メンバーの一人、渡邉理佐の携帯電話に、テレビ電話がかかった。
 ディスプレイに「石森虹花」と出ていたので、何の気なしに応対したが、次の瞬間、理佐の目が険しくなった。
 画面に映った虹花は、いつもの笑顔ではなく、目隠しに猿轡をされていたからだ。
「に、虹花っ!?」
 思わず声を上げる理佐に対し、電話口から聞き慣れない男の声で、
「渡邉理佐…だな?」
「ア、アンタは誰っ!?」
「名乗るほどの者じゃないが、話がある。この女の命が惜しいなら聞く耳を貸すことを勧める」
 と男は前置きをして、
「河口湖の湖畔にペンション『セゾン』に来てもらおう。もちろん一人でだ。そして、このことは誰にも口外するな」
「━━━」
「今晩0時までに来なかった場合、そして、仲間を呼んだり、妙な小細工をした場合は、この女は重石をつけて湖に沈める」
「…わ、分かったわ」
 仲間を人質にされては応じるしかない理佐。
(いったい何者…?)
 時計を見ると、時刻は22時。
 約束の0時まで、あと二時間。
 一人で来いと相手は言っているし、対策を立てるには時間が無さすぎる。
(とにかく向かわなきゃ…!)
 と部屋を飛び出した理佐。

 渡邉理佐、地獄への旅立ちである。

鰹のたたき(塩) ( 2020/07/29(水) 00:18 )