石森虹花の陥落物語
1.開戦
 まず、鮫島が標的にしたのは統治メンバーの中でも古参の一人、石森虹花。
 なぜ、この女を選んだかというと、この女が統治メンバーの中でも有名な動物好きで、特に犬には目がないという情報を得たからだ。
 早速、手なずけた子犬を利用して罠を張る。
 ダンボール箱に入れ、彼女の通る道に捨て犬として置いた。
 思った通り、鳴き声に気付いて足を止め、ダンボールを覗き込む虹花。
 中にいた子犬を不用意に拾い上げた瞬間、箱の底から噴射した催涙ガスに巻かれ、咳き込み、うずくまる虹花。
 その隙にガスマスクをつけた男たちが素早く虹花の身体を押さえ、乗りつけた車のリアシートに放り込む。
 急発進をして走り出す車。
 こうして、鮫島の思惑通り、一行は、今宵の獲物、石森虹花の捕獲に成功したのだった。

 ……

「…うっ…」
 目が覚めた虹花は、起きぬけ早々、窮屈な体勢の息苦しさに顔をしかめる。
 見覚えのない施術台の上で、土下座のような体勢にされていたのだ。
(え…?何これ…?ここ、どこ…?)
 慌てて身体を起こすも、手をついて四つん這いになったところで、それ以上、身体は上がらなかった。
 見ると、両手首、両足首に、それぞれ枷がついていて、遊びの短い鎖が施術台から勝手に下りることを許さない。
「気がついたかね?」
 と問う声にハッとする虹花。
 歩み寄ってくる初対面の男に、
「だ、誰っ!?これは何のマネ!?」
 と声を上げるも、鮫島は不敵に笑って、
「今は、まだ名乗るほどの者じゃない。まぁ、明日には君の飼い主となっている筈だがね」
「か、飼い主…!?」
 ポカンとする虹花だが、鮫島の背後にいる男たちを見ると、急に目をきつくして、
「ア、アンタたち…!こないだの…!」
「そうさ。お前に散々、嬲られた奴隷たちだよ」
「いやぁ、辛かったなぁ。イッてもイッても、しつこく扱かれてさぁ」
「打たれた鞭の痕、今でも残ってるぜ」
 と男たちは笑みを浮かべ、
「さぁ、虹花女王様。俺たち奴隷にまんまと捕まった気分はどうだ?」
「ふ、ふざけないでっ!外しなさいよ、早く!」
 と怒鳴る虹花だが、もちろん男たちは動かない。
 それどころか、小馬鹿にするように口調を変えて、
「犬好きで有名な虹花様は、とうとう犬のポーズまで真似するようになったんですねぇ?」
 とニヤニヤしながら煽る。
「くっ…!お前ら…!」
 虹花は、男たちを順に睨みつけた後、鮫島に目を移して、
「さ、さてはアンタがコイツらをけしかけたのね!目的は何っ!?」
「目的は…そうだなぁ」
 鮫島は、ニヤニヤしながら宙を仰ぎ、
「この世の全ての女をひざまずかせることかな?」
「な、何をバカな…!」
(…!)
 何かを言いかけた虹花の目の前に突きつけられる数本のハサミ。
 鮫島は笑って、
「君たち、この国の統治者たちは、男を相手に、なかなかひどいことをするらしいじゃないか。そこで、まず、それだけの器かどうか確かめさせてもらおうか」
 と言って、そのハサミを、配下につけた元・奴隷の男たちに手渡した。
 男たちは、早速、虹花の衣服を切り裂き始める。
「くっ…!ア、アンタたち…!私にこんなことして、ただじゃ済まないわよ…!」
 と凄んで見せるも、男たちは聞く耳を貸さずに、次々とハサミを入れる。
 統治者の正装とされる高貴なる衣装が、無惨な布きれにされてゆく。
 やがて下着姿にされた虹花。
「へへへ。いいザマですねぇ?虹花様」
 無造作にスベスベした背中に手を置く男。
 さらに、二の腕の肉をぷにぷにと触る男は、
「この手で何回もシコシコされたなぁ。もう出ないって言っても、ずっと扱かれたっけ」
 と回想し、同じく、ふくらはぎを撫でる男は、
「俺は、この脚で何回も踏まれたよ。金玉が潰れるかと思ったぜ」
 と笑う。
「き、汚い手で触らないで…!離れなさい、アンタたち!」
 と声を荒げる虹花だが、依然、聞く耳を貸さない男たち。
 それどころか、ブラの紐にハサミを入れ、さらに虹花を追い詰める。
「や、やめてっ!」
 という制止の声もむなしく、あっさりと切断され、はらりと下に落ちるブラ。
 締めつけを脱した乳房が重力で下に垂れる。
「やぁっ…!」
 四つん這いの身体を屈め、晒された胸を覆い隠す虹花。
 だが、そうすることで、お尻がより高く上がる。
 すると、案の定、男たちは笑って、
「おやおや、虹花様。これは、早くこっちも脱がせてくれってことですか?」
「焦らなくても、すぐに切ってあげますよ」
「ち、違うっ!待ってっ!や、やめてよっ!」
 慌てる虹花だが、抵抗むなしく、あっさりゴムを切られたパンティ。
 咄嗟に落ちかけた生地を太ももで挟むも、
「何やってんですか?往生際が悪いですよ」
 と、すぐに股の間から引っこ抜かれてしまった。
 これで、とうとう全裸。
「ほぅ、なかなかいい身体をしてるじゃないか」
 と笑みを浮かべる鮫島。
「くっ…!ゆ、許さないから…!覚えてなさいっ、アンタたち!」
 と赤面しながら吐き捨てる虹花だが、その目の前に突きつけられた怪しげな壺。
「ククク…コイツらに覚えていろと言う前に、君が、その怒りをいつまで覚えていられるかね?」
 と鮫島は不敵に笑って、虹花に見せつけるように、その壺の中に自身の指を突っ込み、かき混ぜてから持ち上げた。
 水飴のように、ねっとりとした糸を引く謎の液体。
「な、何それ!?何をするつもり!?」
 瞬時に警戒心を強める虹花に対し、鮫島は、
「これは俺がフィリピンから持ち帰ったコレクションの一つだ。他にもっと強力なものもあるが、まずはこれぐらいのところから始めて様子を見ようか」
 と言うと、急に低い声で、
「持ち上げろ」
 と命じ、男たちに虹花の身体を持ち上げさせた。
「や、やめてよ…!ちょっとぉっ…!」
 覆い隠していた美乳が現れると、鮫島は、壺から掬った粘液を纏う指先を擦り付けるようにして、虹花の左右の胸にたっぷりと塗りつけた。
「や、やぁっ!な、何これぇっ!?」
 気味の悪い感触に嫌悪感をあらわにする虹花だが、構わずに鮫島は白い乳肉と先端の突起に粘液を塗りたくる。
「さて、お次は…」
 と呟きながら、虹花の後方に回る鮫島。
 動きを察し、太ももを閉じるも、また、
「広げろ」
 と鮫島に命じられた男たちに、虹花は無理やり脚を広げられてしまう。
 股の間から覗く割れ目とお尻の穴。
 鮫島は、もう一度、壺に指を浸け、粘液を掬いとると、それを割れ目の上から、そして、割れ目を開いてピンク色の秘肉にも塗りたくった。
「んっ…くっ…」
 刺激されて少し声が漏れる虹花。
 そんな虹花の意外と剛毛なグロマンコは、瞬く間に粘液まみれにされてしまった。
「ククク…。さて、これからどうなることやら…」
 楽しそうに笑う鮫島と、恐怖に身を固くする虹花。
 男の一人が、虹花のロングヘアーを掴み上げ、
「さぁ、虹花様!俺たちが今までやられたぶん、たっぷり仕返ししてあげますからね?覚悟はいいですかぁ?へへへ…」
 と、開戦を告げた。

鰹のたたき(塩) ( 2020/07/25(土) 01:55 )