マネージャーってしんどいな...
決意の少女
颯馬は、森田の少し震えている体を優しく擦りながら、キスをする。
月城 「 森田さん..緊張しますか?」
森田 「めちゃくちゃ...だけど、颯馬さんだから我慢できるかも知れないです.. あと、ひかるって呼んで下さい...これから2人になる時は、敬語もやめて下さい..」
月城 「 分かったよ...」
ひかるの大きいつぶらな瞳で、颯馬を見つめている。
月城 「服脱がすよ? 」
颯馬は、ひかるが身に着けている衣服をするする脱がしていくと、白くとても綺麗で真珠のような肌色をしていた。ひかるは恥ずかしさからなのか、両手で上半身を隠す。
月城 「手除けて?見たい.. 」
森田 「恥ずかしいです... 」
颯馬は早くみたい気持ちが優り、ひかるの両手を手で除ける。
月城 「 可愛い下着してるじゃん...」
もちろん、ひかるは友達やメンバー以外には見せたことの無いので、顔は真っ赤になっている。颯馬は、ブラに手を添え優しく揉んでいく。
月城 「ひかるの胸すごい柔らかい... 」
森田 「ゃんっ...んふっ..」
口で手を抑えてはいるが、どうしても漏れてしまう嬌声。
月城 「ブラのけようか... 」
颯馬はひかるのブラを外すと、形の良い乳房がポロンと現れた。そして再度胸を揉み始めるが、耳も唇で優しく甘噛みする。
森田 「 くぅ..ひゃん!あっ...」
月城 「 乳首もこんなに勃ってる...」
颯馬は、ひかるの両乳首を手でコリコリと触ると、ビクン!と体が反応する。
月城 「気持ちいい...? 」
森田 「き、きもちっ..いい!ひうっ! 」
声を我慢することなど、ひかるの中では消え失せただただ颯馬の愛撫に身を預けるだけになった。
月城 「ほらこっち向いて.. 」
ひかるは嬌声をあげながら、颯馬の方を向くと先程とは違う荒い舌使いでひかるの口内を犯す。
森田 「んっ!あうぅ! 」
そして、颯馬はひかるを仰向けに寝かせて下半身へと標的を変える。
森田 「そ、そこ見るんですか....!? 」
そんなひかるを差し置いて、颯馬はひかるの履いていた薄いパンティを脱がすと、薄ら毛が生えている割れ目が顔を覗かせる。ひかるは慌てて隠そうとするが、非力な力では男の力には勝てなかくその手は呆気なく払われた。
月城 「綺麗なまんこしてる...美味しそう... 」
颯馬は割れ目をなぞるように舌で舐めまくる。
森田 「 あぁぁ!ひぐぅっ!!」
割れ目をなぞりながら、ひかるの1番敏感であろう陰核を舌が捉えそこを舐めていく。
森田 「 い、いや!お、おかしく!来ちゃう!なんか来ちゃう!あぁぁ! 」
体が浮くほどに跳ねてオーガズムを迎えた。だが、間髪入れずに指をズブっと挿入し掻き回す。
森田 「 死んじゃう!はぁぁっ!はあっ!ひいいぃ!お、おしっこ出るっ!ぬ、抜いてくださっ!!」
悲鳴に近い喘ぎ声をあげながら、綺麗な放物線を描いて潮を吹いた。
森田 「 お、おしっこ..漏らした..ぐすっ..」
月城 「おしっこじゃないよ?気持ちいいと出てしまうやつだから安心して.. 次は俺の事気持ちよくして...」
森田の長い初体験はまだ終わらない。

心の友 ( 2021/08/12(木) 23:14 )