マネージャーってしんどいな...
大人にしてください...
月城 「ひかる?入れてもいいかな...?我慢できなくて.. 」
森田 「大丈夫ですよ...少し怖いです.. 」
颯馬の固く勃起したペニスが、ゆっくりとひかるの割れ目の中を、押し進んでいく。
森田 「くっ!!いっ!! 」
月城 「力抜いて...大丈夫だよ..後、もう少しだ..! 」
ひかるは、股間が裂けるような痛みに耐えながら喪失の瞬間を迎えようとしている。メリメリとひかるの腟内に、浸入していき、ようやく颯馬のペニスを迎え入れた。
月城 「入ったよひかる... 」
ひかるは、嬉しさからなのかそれとも痛みからなのか目からは涙が出ていた。
森田 「やった、嬉しい..月城さん.. 」
ひかるは、颯馬の首に腕をまわし自分の方に優しく引き寄せ、キスをしてきた。それは、優しいキスだったが、体はまだ少し震えていた。颯馬は、ひかるの体を優しく抱きしめる。
月城 「 動いていい..?」
ひかるも痛みに慣れてきたのか、頷く。颯馬はゆっくりとピストン運動を始める。
森田 「 あっ...ん、んんっ..!」
ゆっくり動きながらも、ひかるの腟襞は颯馬のペニスをキツく締め付け、扱かれている快楽を颯馬に与える。
月城 「 やっぱ、処女の子の中はキツっ..すげぇ気持ちいい...」
森田 「 あ、んっ、あっ!つ、月城さんのが、入って、ますぅ..!んっ!」
声を必死に我慢し、初めてのSEX気持ち良さに、顔が歪むひかるを見て颯馬は、とても愛しく感じていた。腰を動かしがら、ひかるの唇に触れる程度のキスをすると、幸せそうな笑顔を作った。
森田 「 んあっ!い、いいとこに当たって!す、すごい気持ちいいっん!」
奥にコツンコツンと当たる度に、声を荒らげ小ぶりな胸もたぷんたぷんとかすかに揺れている。
森田 「んあっ! は、はんんんっ!んくっ!」
結合部からは、じゅちゅ、にゅぷにゅぷ、じゅぶん、と淫靡な音を奏でていた。
森田 「 ま、またくるっ..!くるっ!あっ!」
挿入で、初めて絶頂したひかる。次は、ひかるを抱え込むような体勢になる。セックスで言う、駅弁の体位になる。軽々とひかるを抱え込み、また奥深くまで貫き、獣のように一心不乱に腰を打ち付ける。
森田 「 あああぁ!ああっ!す、すごいぃぃ!んふっ!」
ひかるも、颯馬に必死にしがみついている。
月城 「 あぁ、やべぇ...出そうだ..」
森田 「い、いいですよ...出してください...!私の中に..! 」
月城 「で、でも..! 」
颯馬は躊躇はしているが、本心はひかるの中に自分の精液をぶちまけたいと思っているのだ。
森田 「 あ、安全日だから..!ください!私を大人にしてください!」
その言葉に、颯馬の理性は破壊された。じゅぶじゅぶじゅぶ!と、ひかるの中を暴れ回るようにペニスを打ちつける。ひかるの腟襞も颯馬の精液を欲しがっているかのように、うねうねとペニスを扱き締め付けが強くなる。
月城 「や、やばい!イ、イ、イクッ!でるっ!!っ!! 」
颯馬は奥深くまでペニスを突き刺し、ひかるのおしりを自分の方へ、ぐぅと引き寄せる。
森田 「あ、あつい...中に出されて...し、幸せ... 」
また、ふにゃりとした笑顔を浮かべている、ひかる。この後、2人は休憩したあと、テレビ局まで送る時間のギリギリまでSEXをしたのだった。

■筆者メッセージ
遅くなりました。るんちゃんおわりです!あと、櫻坂は3.4人出したら一旦終わりにして、日向坂に行こうと思います。
心の友 ( 2021/08/31(火) 21:12 )