マネージャーってしんどいな...
男の人
月城 「おちんちん見るの初めてだよ)ね? 」
森田 「はい..す、すごい大きい.. 」
ひかるは、まじまじと颯馬の一物を眺めている。
月城 「 あまり見られると恥ずかしいな...」
森田 「だって、見たことないから...触ってもいいですか?おちんちんを手で触ると気持ちよくなるって聞いた事あるので... 」
月城 「じゃ、ひかるの手で気持ちよくしてくれないかな? 」
森田 「 分かりました..!」
細く綺麗な腕が颯馬の一物へと伸び、両手で優しく包み込まれ、ゆっくり扱いていく。
森田 「ビクビク動いてる...そしてすごく熱い... 」
月城 「もう少し早く扱いて? 」
森田 「分かりました! 」
ぎこちない手コキも扱く速さが上がると、少しずつ気持ちよくなっていく。
月城 「ひかる、すごい上手だよ.. 」
森田 「ほんとですか?月城さんのこと、もっと気持ちよくしたいです! 」
扱きながら、上目遣いで颯馬を見つめている。
月城 「あぁっ..気持ちいい.. 」
森田 「 舐めてみていいですか?」
月城 「 いいよ..」
小さな口で、蠢く一物を迎え入れる。口の中を塞ぐほどの太さに少し苦しそうだが、ゆっくりフェラチオを始める。
森田 「 んんっ..んっ..」
舌がカリや亀頭を刺激し、背筋がゾワゾワと鳥肌が立つ。
月城 「そこ気持ちいい..もっと舐めて 」
森田 「 わかひまひた...」
颯馬に教わりながら、気持ちよくしようと森田も頑張る。
月城 「くっ...おぉっ..」
空いてる手で、玉袋を優しく揉んできたりとマニアックな責め方もしてくる。
月城 「それやばい... 気持ちっ..」
ジュルジュルジュプッジュプッと、ひかるの口から快楽の音がこだますると、同時に射精への快楽も迫りつつあった。
月城 「ひ、ひかる..あ、あまり激しくしないでくれ..出そう.. 」
森田 「 月城さんの精子ください...」
口に咥えて、離さないほどの吸い付きでしゃぶってくる。
月城 「 や、やばいっ...」
こぷこぷっこぷこぷっと奉仕も激しくなっていく。
月城 「ひ、ひかるっ...で、出るっ! 」
口から抜き取り、自分で扱いて森田の顔に暑い滾りをぶっかける。
森田 「 わっ!んんっ!!」
顔全体を覆うほどに、精子をかけられた森田。自分の顔にかけられた精子を指ですくい取り、口へと運ぶ。
森田 「これが精子なんですね..味ないけど、すごいイカ臭い... 」
月城 「 気持ちよかったよ..」
颯馬はハンカチで精駅で汚れた森田の顔を綺麗に拭き取り、遂に繋がる時がくる。

心の友 ( 2021/08/24(火) 15:55 )