全国大会
リラックスからの緊張
つぎの日先生からオフの街ブラ等の許可を得て5人でカラオケに向かう。
と言っても真正面のカラオケBOXだ。
受付でマイクとコップを受け取る。
ここはドリンク飲み放題のようだ。

正和「誰から歌う?」
朝暉「彩」
武太朗「彩」
正和「Me too.」
彩「またうちかいな!」
正和「お?お?シャクレル・ラヴィーン?」

彩のおデコに(怒)がたくさんある

彩「歌うのは絢香の三日月やで?

彩「ずっと一緒にいた2人で歩いた一本道
二つに分かれて別々の方歩いていく」

彩の歌に俺達は静かになり聴いている。
歌唱力はかなり高い。
ソロアーティストを夢としている事だけはある。
歌い終わると集計されて得点が出る。
デン!という音と同時に93.958と表示される。

正和「おおー」
美優紀「彩ちゃん歌上手!」
正和「次は誰だ?」
武太朗「俺だなぁー」

と岩井ジ〇ニ男ばりの俺だなぁを発言して笑いを誘う。
しかし滑りスケートの比じゃないほど滑りまくっていた。

正和「とりま、歌え」(笑)

武太朗はいつも千本桜を歌い80点を出す。
今回も変わらずだった。
その後朝暉が東京事変の閃光少女、美優紀は安室奈美恵のFEELを歌い正和の番に

美優紀「何歌うん?」

正和はニコッと笑いヒミツーとふざけていた。

そしてイントロが流れる。

正和「石ころ蹴飛ばし夕日に泣いた僕
夜空見上げて星に祈ってた君
アブラにまみれて黙り込んだあいつ
仕事ほっぱらかして頬杖つくあの娘」
美優紀「上手い…」

正和の歌声を初めて聴いた美優紀は茫然自失、開いた口が塞がらない。
透き通るような声、しっかり取れた音程、そして声が自分の体の中に染み込んでくる。

正和「生きていくんだ それでいいんだ
ビルに飲み込まれ 街にはじかれて
それでもその手を離さないで
君がいるんだ みんないるんだ
愛はここにある 君はどこへもいけない」

歌い終わると美優紀は目をキラキラさせている。
得点は……………96.981
俺達5人の得点は
5位武太朗81. 751
4位朝暉86.134
3位美優紀91.991
2位彩93.958
1位正和.96.981

彩「また負けたわ」
正和「3.023点差か…詰まってきたな」
朝暉「俺は上がった」
武太朗「俺はキーーーーーーーーープ」
正和「知ってるよ!」
彩「悔しいわー…せや!1人3曲歌った合計で勝負や!」
正和「なら3人vs2人でしようぜ?3人は1人1曲、2人は1人1曲とデュエットでどう?」
彩「望むところや!」
正和「じゃあ俺と美優紀ペアと3人で」
彩「決まりやな」

正和「美優紀、2人で歌う曲どうする?」

とiPodで選ぶ。
正和がいろんな曲を流すなか2人で1曲を決めた。
最初は美優紀と朝暉。
美優紀はYUIのcherryを歌うようだ。

美優紀「手のひらで震えた それが小さい勇気になっていたんだ
絵文字は苦手だった だけど君からだったらワクワクしちゃう
返事はすぐにしちゃダメだって 誰かに聞いたことあるけど
かけひきなんて出来ないの
好きなのよ ah ah ah ah
恋しちゃったんだ多分気づいてないでしょう?
星の夜願い込めてCHE.R.RY
指先で送るキミえのメッセージ」

得点は92.184
朝暉も本気で歌い89.953をたたき出す。
差は2.231ポイント差だ次の歌に、俺は歌う曲を決めていた。
正和が選択したのはロードオブメジャーのPLAY THE GAME
正和「PLAY THE GAME
TRY 時には 遠回りして 成し遂げる事
YES あなたは今 確かな鼓動 感じてますか
恥じない あなた 磨けてますか 歩めてますか
PLAY THE GAME
偽りなく 挑むんだ 僕らの 掲げた 夢
PLAY THE GAME
もう 止まれや しないんだ
HIGH AND HIGH さぁ手伸ばして」

歌い終わると得点が表示された。
97.832
そう表示されて唖然としていた。
その後彩 は91.993を出して
俺達は190.016、彩達は181.946。
差は8.07ととてつもなく広がる。
俺達が91.94を越えた時点で俺達の勝ちが決まる。
しかも次は武太朗。
彩は諦めムードだったが武太朗はスキマスイッチの奏を歌いまさかの92.981を叩き出す。

彩達の得点は274.927、俺達は84.912以上で勝利となる。
俺達がデュエットで選んだ曲はーーー




■筆者メッセージ
一旦終わります。
次は歌って決着がついてからの試合前迄の流れをかくつもりです。
VBP ( 2016/09/15(木) 16:38 )