B 黄昏
十三曲目 〜その先〜
「楽しかった〜!」

 はつらつとした笑顔の白石が、先に客室に入った。

「そりゃ、あんだけ写真撮って好き勝手やってんだからなぁ」

 続いて入る晃汰も、満更でもない様子である。

「ほら、飲みなおすよ!」

 既に白石の手には、今度はウィスキーの瓶が握られている。晃汰は一瞬だけ顔を引きつかせたが、今夜ばかりはと白石が座るソファに腰掛けた。

 テレビもつけず、二人は酒と雰囲気を味わう。氷どうしがぶつかる音、グラスをテーブルに置く音、足を組み替える音だけが二人を包む。

「私ね、卒業したら絶対にやりたい事があるの」

 一杯目を飲み干した白石は、隣でグラスを傾ける晃汰に眼を合わせた。

「ソロシンガーとしてデビューして、晃汰を専属のギタリストにしたいの」

 思わず晃汰は吹き出しそうになった。あまりにも現実味がない白石の言葉に、晃汰は自嘲を含めて叶わない事と真っ先に判断した。

「その時に俺が復活してればね?」

 それでも否定はせず、あくまでも可能性としての程度で留めた。せっかくの彼女からの"依頼"を即決してしまうのは、あまりにも失礼だと晃汰は思ったからだ。そんな返答でも、白石は嬉しそうに頬を緩めた。空になった彼女のグラスに晃汰がウィスキーを注ぐと、すぐにひと舐めして芳醇な味を楽しんだ。

 その後、二人は様々な事について文字通り語り合った。乃木坂の今後、お互いの今後、そして結婚観について。

「35ぐらいまでには結婚したいし、子どもも欲しいな」

 杯数を重ねても、今夜の白石は潰れることはなかった。自分の将来を真剣に語るその目は、いつにも増して澄んでいるように晃汰には見えた。やはり我慢していた恋愛、そして一度は夢見た保育に関する話題のせいかなと、晃汰は白石の過去を詮索した。

「まさかここまでアイドルやれるとは思ってもなかったよ」

 突如として白石の声色が変わったのを、晃汰は聞き逃さなかった。境地に達した眼をするものの、どこか寂しさを醸し出していた。晃汰には白石の気持ちが察せられた。

「そんな顔するなら、今から撤回しちゃえばいいじゃん」

 晃汰はわざと突き放した。同情など彼女が求めぬことぐらい、容易に察しが付いていたからだ。

「けど、これは私が決めた事。もう後にも引けないし、引くつもりもない」

 やはりな、晃汰は彼女らしい返答を受けて納得する。それほどまでの決意ができているのであれば、乃木坂の肩書が外れても一人でやっていけるだろう。晃汰は小さく頷きながら、グラスに残っていたウィスキーを飲み干した。

 夜も深まると、欠伸の回数が多くなった。明日も運転する事を考えると、晃汰はそろそろベッドに入ろうかと考えた。隣の白石も、どうにも瞼が重そうである。

「寝よっか」

 晃汰は立ち上がるも、白石からはなんのリアクションもない。せっかくのオフを邪魔しては悪いと思い、晃汰は一人で洗面所で歯を磨いた。リビングへと戻ってくると、幾らか意識が戻り始めた白石が立ち上がった。

「私も歯磨いてくる」

 眠気の割にはしっかりとした足取りで、白石も洗面所に向かった。晃汰は一旦先ほどまで座っていたソファに再度座り直し、白石が戻ってくるのを待った。洗面所からは水音が聞こえてくる。やがて、髪を頭の上で纏めた白石が戻ってきた。歯を磨くにしてはやけに時間がかかったのは、メイクを落としていたせいだと、晃汰は薄くなった白石の目元と眉から察した。 

「お待たせ」

 初めて見せるすっぴんに恥じてか、白石は頬を紅潮させている。そんな彼女に酒も入っているせいか、オスの部分が顔を出しそうになった晃汰は平生を装い、返事をしてベッドに入ろうとした。

「ねぇ晃汰?」

 呼ばれた方に振り向くと、視界は一気に天井で一杯になった。それから白石の顔が登場した。両肩の衝撃と自身の身体にかかる白石の重みで、晃汰は白石が取った行動を察した。そして、これから始まるであろうストーリーも頭の中で構築できてしまった。

「据え膳食わぬは男の恥だよ」

 白石は真下にいる晃汰の眼を、真っ直ぐと見つめる。晃汰はこんな状況でも余裕の表情である。

「膳じゃなく石だったら?」

 おどけてみせる晃汰に、白石も笑顔になる。

「そんな石も、今が食べ頃だよ?あとちょっとで乃木坂のブランドは無くなっちゃうけど」

 白石は更に眼を細める。

「二人っきりって聞いた時、覚悟はしてた。けど、俺から誘うようなことはあってはいけないなと。だからソウイウアイテムは持ってきてない」

 柔らかい表情から一転、晃汰は大人の顔をした。

「最初から決めてた。私の9年間を壊してほしくて、アイドルじゃなく一人の女にしてほしいって」

 白石は息を呑むと、晃汰にプレッシャーキスをした。

「良いのかよ、こんな奴に捧げて。清純を謳ってるアイドルが聞いて呆れるぜ?」

 いつものように、晃汰に勝気な目が宿った。白石からのキスは、歯磨き粉の味に微かにウィスキーの匂いがした。

「卒業旅行が、セカンドヴァージン卒業旅行になっちまうぜ。何処ぞのAVだよ」

 ジョークを飛ばす晃汰だったが、彼が色々と限界なのは真上の白石にもわかっていた。

「そんなAVみたいな状況だよ?」

 白石はニコッと微笑むと、腕を畳んで晃汰の身体に自身の身体を落とした。白石の重みに、柔らかな部分が密着させられた晃汰は、素直に白石の背中へと腕を回した。

「抱いて」

 耳元で囁かれた言葉が、晃汰に踏ん切りをつけさせた。

Zodiac ( 2020/04/18(土) 18:34 )