沙耶香 4
 特に娯楽もないこの町の人間は、いつだって新しいことに飢えている。

 だから東京からやってきた誠が、暇なおばさん連中や、町の女の子たちの噂話のネタになるのは当然のこと。

 前の学校を退学させられたという噂も、祖母の家で暮らしているという話も、どことなく謎めいていて、さらに女の子たちの興味を引いた。

 つまり誠はこの寂れた田舎町で、良くも悪くも最初から目立っていたのだ。


「沙耶香っ」


 いつもの学校の帰り道。そんな誠が沙耶香を呼んで、さりげなく隣に並ぶ。それがどういうわけか、最近の日課になっていた。


「お帰り」

「相変わらず、暇そうだね」


 制服姿の沙耶香と、私服姿の誠。高校を辞めたと言っていた誠はアルバイトをするわけでもなく、毎日をぶらぶらと過ごしている。


「ねぇ、なんでいつも私のこと待ってるの?」

「ん、友達いないからな、オレ」


 堤防沿いの道を二人で歩く。すれ違った中学生らしき女の子二人組が、振り返って自分たちを見ているのがわかる。


「あのね、私じゃなくても、あんたと友達になりたいって子、そのへんにたくさんいるでしょ?」

「そうか?」

「きっと彼女になりたいって思ってるよ」

「別に彼女なんていらないし」


 潮風に前髪を揺らしている誠の横顔をちらりと見る。きっと今まで何人もの女の子と付き合って、何人もの女の子と別れてきたのだろう。

 女の子の扱いに慣れている感じは、初めて会った時から気づいていた。


「あ、でも沙耶香とだったら、付き合ってもいいかなぁ?」


 いたずらっぽくそう言った誠を沙耶香が横目で睨む。


「馬鹿じゃないの?」


 沙耶香の隣で誠が笑う。沙耶香は何も言わずに歩き出す。



沙耶香とだったら付き合ってもいい

そんなこと冗談でも言わないでよ




「沙耶香?」


 突然立ち止った沙耶香を、誠が不思議そうに覗き込む。



どうしてだろう

拭っても拭っても

なぜだか涙が止まらない



 そしてそんな沙耶香の頭の中で、いつかの信次の言葉が渦を巻く。



――少しは人の気持ちも考えろよ――




わかってる

そんなことわかってる

秀一と身体を重ねる度

私はたくさんの人を傷つけている

心まではいらないのに

ただ一瞬だけ、私を必要として欲しいだけなのに




「ちょっ、泣くなよ」


 耳に誠の声が聞こえた。涙が伝わる沙耶香の頬に、誠の指先が触れる。

 俯きながら右手を伸ばし、沙耶香はそっと、その指先を握った。




誰でもいい

誰かにすがりつきたい

そうしないと今にも

壊れてしまいそうだったから



鶉親方 ( 2020/03/19(木) 23:50 )