2.キレイになりたい
2-2
『そいえば理由聞いてへんかったけど…なんで女装なんてしてたん?』

駅から学校へ通う道、彼女にそう聞かれた。

罰ゲームだよ、と答えると彼女は面白そうに笑った。

彼女は同じ学校の1個下だった。
身を助けてもらったあの日から、彼女と学校に通っている。
彼女から一緒に学校に行かないか、と誘われた。一言で言えば、目を付けられてしまった。

彼女はモデルをやっているらしい。雑誌なんか読んだことも無かったので知らなかったが、名前を聞いてコンビニで必死に探した。
多くの雑誌や週刊誌で引っ張りだこになっていることも知った。

そんな彼女たちの間でなぜか僕の女装が話題になり、今度メイク教室をしてもらうことになった。

学校へ向かう道すがら、彼女に色々質問をされた。

正直、女装した気分は悪くなかった。別によかったわけでもないが、今までにない不思議な気分。

ただ、あの一件があった以上、外での女装はもう勘弁だった。

そういえば、あの時の男も勿体無いことをしたもんだな。
僕じゃなくて彼女に痴漢すればよかったのに。
…おっとっと。よかったじゃない変なことを考えてしまった。

慌てて頭に浮かんだ妄想を掻き消し校門をくぐった。彼女とはここでお別れ。

教室につくと、いつものメンバーで席を囲む。

『ねぇねぇ、菜緒ちゃんとどんな話してたの?』

どうやら、女子たちの間で彼女は有名人らしい。それもそうか。女子誌のモデルなんだから。

『菜緒ちゃん…すっごくいい子そうで大人しい子だよね笑』

僕の言葉に周りを囲んだみんなが共感し、その日も授業が始まった。



授業が終わると菜緒ちゃん達の教室に呼び出された。
後輩の部屋に呼び出される…というのも緊張するが、内容が内容なのもあってかなり緊張の面持ちで向かった。

『あ、翔くん来てくれたんや!逃げられるかと思たわ…笑』

流石にモデルの後輩に呼び出されて無視しないわけがない。

『じゃあ…翔くんの顔…綺麗にさせてもらうで?』

椅子に座らされると、大きな三面鏡が目の前に置かれた。

そして、僕の顔面大工事が始まった。



『うーん、こんな感じかなぁ?』

菜緒ちゃんはそう言った。怖くてしっかり見られていなかった鏡を見つめる。

そこにいたのは1人の美少女だった。ただその美少女は僕が口を開けると口を開け、目を閉じると一緒に目を閉じた。

鏡に映ってる美少女は僕だった。あまりの変貌に戸惑いながらも、菜緒ちゃんはすっかり満足そうだった。

『○○くん…可愛くなったやろ?これで…街中歩いてみない?笑』

してみない?という口調ではあったがその中には、『勿論するよね?』という意図があったように感じた。

菜緒ちゃんがカバンを漁ると中からはウィッグが出てきた。黒、茶、金にロング、ショート等々…
一つ一つ順番にそれを被ると、本当に女子にしか見えなかった。

『じゃあ〇〇くん…行こうか笑』

気に入ったウィッグを見つけるとそれを僕に被せ、菜緒ちゃんはそう言った。

2人の女子(?)は街中へと歩き出した。

■筆者メッセージ
2020年。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

なんか自分が思い描いた通りに進むか…笑
はっぱ ( 2020/01/01(水) 22:12 )