最終章
淳のけじめ
一方、颯は四階に到着。乗り換えのエスカレーターを目指して突き進む。すると進む先に、明日香と由依がいた。


「横山さん!倉持さんも!」

「あ、颯くん!やっときた!」

「久しぶりやね、颯くん」

「まりやは?」

「下に降りてるわ、美瑠ちゃんから二階にいるって」


「そうですか、ありがとうございます!」


「さ、早く行って行って、ここは私と由依ちゃんに任せて!」


颯はエスカレーターに進んでいく。その後ろ姿を残念そうに見つめる由依がいた。


「一回くらいハグしてもらいたかったなぁ」


三階。ここから降りればまりやのいる二階に着くが、吹き抜けから下を覗くと、一階に小室がいるのが見えた。

「もう少しだ・・・」






しかし二階では、美瑠とまりやに危機が迫っていた。新手の組員がまりやに気づき、取り戻そうとしていたのだ。

「やば、これじゃ逃げられへん!」


「あ!美瑠さん・・・前!」


「おっと、こっちは逃がさねえぞぉ」



回り込んできた組員に挟まれた。人数は四人。淳なら全員倒せそうだが、美瑠にそんな実力はない。
じりじりと詰め寄られ、ここにきて終わりかと思われたその直後。


「どわぁ!なんだ、ぶへぇ!」


「おい、誰か落ちてきたぞ!」


上の階から人が降りてきたと思えば、先回りした男に飛びかかり、殴ってダウンをとった。


「美瑠、下がれ!」


「颯さん!?」


「ぶぉっ!」


「こいつ!」


「それがどうした!」


「ふぐぉ!」


颯は残りの三人をダウンさせた。重いパンチが顎や頬に直撃し、歯も飛ぶほどの衝撃。
その闘志溢れる背中は変わらなかった。


「ほら、颯さん!」


「・・・まりや・・・・・・」

「課長・・・本当に・・・課長なんですね」

「ああ、俺だ、立石颯課長だ」


「課長!」

積もりに積もった想いが、互いに溢れ出た。
また会える日がきて、抱き合う日がくるなんて無いかもしれなかった。
この一瞬だけでも、二人は熱すぎる抱擁を交わしていた。


「課長・・・!」

「と、すみません、颯さんもまりやさんも会えて嬉しいでしょうけど、先にここから逃げないと」


「それもそうか。まずはここから出よう」



「で、二人とも聞いてください。実はすぐそこに小室がいるんです、だから・・・」











そして遂に一階。小室の前にやってきたのは。


「・・・そろそろ決着をつけようか」


「君がやってくるとはね、鴻上・・・立石颯はどうなったんだい」

「颯はもう行ったよ。花嫁を連れて、どこかにな」

「なんだと!?」





つい10分前のこと。

(うお?颯!やっとか!で、なんで三階まできた?)

(颯さんとまりやさんだけ逃がすの。地下から行かせるから、エレベーター動かして)

(小室は?)

(一階にいる。だからばれないようにエレベーター使うの)


(なるほどね・・・)

(淳、今の内に言っておく。まりやを取り戻せる日がくるなんて思わなかった。お前が相棒で良かった、いや、お前じゃないとダメだった)

(バカか、逆だろ。お前が相棒だから引き受けたんだろうが。知らねえ野郎の頼みなんざ、金がなきゃ引き受けねえよ)

(・・・ありがとう)

(へっ・・・おら、早くいけ。落ち着いたらまた会おうぜ。そん時ゃ、行きつけの店で一番高い酒を奢ってやるからよ)


(楽しみにしてる。行くぞ、まりや)

(はい、課長・・・)







「・・・この・・・君はどこまでも味方をしてくれると思っていたのに・・・許さない、まず君から片付けてやるよ、鴻上君!」

「やってみな、下っ端の頃の俺とはわけが違うぜ」

壮流 ( 2016/10/21(金) 20:53 )