短編
01 祐希
「おい、スタッフが出ていった途端ベットに座り込むなんて体調でも悪いのか?♡」
祐「わ、分かってるくせに…💕」
「そんな怖い顔するなよ、からかっただけじゃねえかw お前がついさっきまで写真集の撮影中にアナルパール入れながらメス顔キメてたことくらい分かってるよw」
祐「いっ、言うなぁ💕」
「君の大好きなマネージャーさんも大人っぽい表情だって絶賛してたんだから大成功だろ?ww」
祐「だからって…💕」
「まあいい、ゆっくりしててスタッフ戻ってきても面倒だし早く終わらせるか♡」
祐「こんなのバレたら終わるっ…💕」
「カメラマンと毎晩エッチなことしてるのもバレちゃうなっ♡」
祐「それはあなたが脅すからっ…」
「まあそういうのは置いといて、無様にケツアクメキメさせてやるから、ベットの上に乗って、手は頭の後ろで組んで股開け♡」
祐「こんな格好最低すぎるっ💕全部丸見えっ💕
…おいっ💕お尻の穴広げるなっ💕」
「うわあ…トロットロじゃねえか♡」
祐「言わないでっ💕」
「早くアナルパール吐き出したそうにケツの穴がヒクヒクしてるな♡」
祐「おいっ💕じっくり見るなぁ💕」
「じゃあ早速いくぞっ♡」
祐「ちょっと待って、まだ心の準備できてなっ…」
 ヌポッ
祐「んほぉぉっ!?💕」
「おいおい、1個抜いただけでこの反応か♡まだまだあるんだぞっ♡」
祐「待って💕ちょっと待っ…」
 ヌポッ
祐「お゛ほぉぉん!?💕」
「いい声で鳴けるじゃねえか♡」
祐「あっ、脚の震えとまんにゃいっ💕」
「全部抜き切るまでに崩れ落ちたらこの映像メンバー全員に公開なっ」
祐「これ続くとかっ💕無理っ💕こんにゃの知らないもんっ💕耐えれるわけな…」
 ヌポヌポッ
祐「お゛お゛お゛ぉぉぉっっ💕💕💕」
「おぉ、とんでもない顔してんなっ♡」
祐「見にゃいでっ💕絶対見せちゃいけにゃい顔してりゅっ💕」
「ごめんごめん、2個いっちゃってたわ♡」
祐「絶対わざとだっ💕私のこと壊す気だっ💕」
「次はちゃんとするからさ♡次はちゃんと…♡」
祐「くるっ…💕またくるっ💕」
「……残り全部なっ♡♡」
祐「へっ?」
 ヌポポポポポポッ
祐「お゛ほお゛お゛お゛お゛ぉぉぉぉおおお!?!?!?💕💕💕💕💕」
「こりゃ派手に崩れ落ちたな♡壊れた水道みたいに潮吹いてるし♡」
祐「へっ…💕へっ…💕んほぉっ…💕」
「アナルヒクヒクさせちゃって♡なんか寂しそうだなっ♡」
祐「寂しくない゛っ💕もう無理っ💕」
「四つん這いでケツ突き出しておねだりしてるようにしか見えんぞ?♡」
祐「イキすぎて身体動かないっ💕絶対なんかされるっ💕逃げないとやばいっ💕」
 ヴィィィィィィ
祐「…お、おいっ💕"それ"どうする気っ…」
「また夜に気失うまで可愛がってやるからそれまでそのドスケベなアナルで"これ"でもくわえとけっ♡」
祐「やっ💕やめっ…」
「おらっ♡」
 ジュボォッ
祐「んほおぉぉぉおお💕💕💕」

ベルフェゴール ( 2021/09/15(水) 21:06 )