飛鳥
02 敗北寸前
「さて、じゃあまずは胸からいこうかな」
シャツをめくりあげると白のオーソドックスなブラ。ブラを外すと小さな膨らみと突起があらわになった。
「お子様サイズのかわいい胸してるな」
あ「うっさい!」
「さすがはグループ1.2を争う胸のサイズの持ち主だな」
皮肉を言ってみたものの、生で見ると思っていたよりはふっくらと山ができていた。ゆっくり揉みながら少しずつ乳首に近づいていく。
 コリッ
あ「んっ」
「どうしたもう声出てるじゃん」
あ「ちがっ、今のはびっくりしただけ!」
「そうかそうか」
乳首をつまむといきなり声が漏れたが、そう簡単にイッてもらってはこっちも困る。じっくり気持ち良くさせて心からオレに屈してもらわなくてはいけない。
 クリッ クリッ
あ「んっ、ふーっ」
飛鳥は必死に我慢しているようだ。強がりなのは見かけ倒しで、身体は弱いらしい。
「乳首だけでイクなんてやめてくれよ」
イカないように静かに優しく胸を責める。貧乳の子は胸が弱いと聞いたことがあるが、まさに飛鳥はそれだ。弱い刺激にも身体をくねらせて反応している。
あ「はぁ…はぁ…💞」
飛鳥の吐く息が色っぽくなってきたところで、胸を触るのを止めてスカートをまくしあげる。こちらもシンプルな白。収録があるから仕方がないとはいえ少し残念だ。
「オナニー途中の身体でいつまでもつかな?」
下着越しに撫でると、シミができるほどではないが、じんわり濡れているのが布越しに伝わってくる。
あ「ーーッ」
声が漏れなかったなと思って見たらTシャツの裾をくわえて声をこらえていた。
下着をずらすと、綺麗な女性器が顔を見せた。
「なんだパイパンじゃん、胸もアソコもお子様なんだな」
あ「う、うっさい…」
先ほどまでの威勢はどこへやら、飛鳥は顔を赤くして小さく言い返してくるだけだ。
 ヌプッ
オナニーをしていたせいか、はたまた胸を触られて興奮したのか、十分に濡れた割れ目に中指と薬指を滑り込ませる。
 クチュクチュッ
あ「んっ…んっ…💞」
指を動かすたびに飛鳥の口から甘い吐息が漏れる。
「今度もびっくりしてんのか?」
あ「ちがっ、これはちがくて…」
どんどん溢れ出てくる愛液が全てを物語っていたが、まだ飛鳥はごまかそうとしている。
しばらくゆっくりと指を動かしていると、特別反応を見せる場所があった。
「なんだ、Gスポットが好きなのか」
あ「そこダメっ」
「これは勝負ありかな?」
あ「まだぁ…いけるからぁっ!」
自分に言い聞かせるように言葉にする飛鳥だが、Gスポットの感度は弱いどころの話ではない。
 クチュクチュクチュクチュッ♡
少しずつ指の速度を早める。膣内がぎゅーっとうねり始めるのを2本の指で感じながら、適度な刺激を与え続ける。
あ「ダメダメっ💞」
「まだ20分も経ってないぞー、早すぎないか?」
あ「ダメっ、ダメだって!💞」
 グチュグチュッ♡
溢れる愛液が指に絡みつき、いらやしい音が響く。
あ「あっダメっ💞イッちゃうっ💞」
 グチュグチュグチュッ♡
あ「ダメっ💞あっイクッ💞イッちゃ…」
 ピタッ
あ「えっ…💞」

ベルフェゴール ( 2021/05/24(月) 14:45 )