さくら
03 ゲーム
「ふっ、そんなに気持ちよかったのか」
ベットの上で仰向けに気を失っているさくら。バスローブからはだけた小さな胸の上に突起がぷくっと上を向いている。
 ピンッ♡
さ「ッッ!!」
「起きたかーおはよう」
かたくなった乳首を指で弾くとさくらが目を覚ます。シーツをビッショリと濡らした自分の潮とそれに混じる彼氏の精液を見て状況を思い出したようだ。
「あっという間だったな、全然もたなかったじゃん」
さ「それは急に噛むからぁっ…」
恥ずかしそうに顔を赤らめるのが可愛い。そのウブな反応がオレのS心に火をつけた。
「もう下の方は準備万端だろうから挿入れちゃってもいいんだけど、その前に一つゲームをしよっか」
さ「ゲーム…ですか?」
「強制排卵って知ってるか?」
さ「知らないです…」
「まあ簡単に言えば、オレが今からさくらの色んなとこいじってやるから、さくらは気持ちよくなって卵子をひり出さないように我慢するってことだ。もし30分排卵せずに耐えれたら今日は外に出してやるよ」
さ「もし耐えられなかったら…?」
「決まってんじゃん、無防備な卵子にセフレの濃厚な精液ぶっかけるんだよ。そうなったら受精は不可避だろうなあ。まあ、30分間耐えりゃそれでいいんだよ」
さ「わっ、分かりました、我慢しますっ」
「大好きな彼氏のことでも考えながら頑張りな」
さ「はいっ、私負けませんからっ」
おそらく本気で責めれば10分ももたないだろうが、さくらをメスとして完全に自分のものにするにはゆっくりギリギリまで時間をかけるのがいいだろう。彼氏を裏切りながら排卵アクメをキメるさくらの姿を見れるまで少しの辛抱だ。
 ブチュウッ♡
まずはかわいらしい小さな口に口を重ねる。舌で唇の間をぬりゅっと割ってさくらの舌に絡ませる。
 レロレロッ♡
さくらを抱き寄せながら、さくらがたまらず出した舌に一気に吸いつく。
 チュプッ♡ ジュルルルッ♡
さ「んっ、んんーっ💞んっんふっ💞」

〜10分後〜
 ブッヂュゥゥゥウ♡
 ジュルジュルルルルル♡
さ「んんんんんっ💞」
 んぷはぁっ
さ「はあっはあっ… 頭真っ白になりそうっ💞濃厚すぎるっ」
「ベロチューでイッたことなんてないだろ?」
さ「ないですっ、チューがこんなに気持ちいなんてっ💞」
「じゃあそろそろこっちにいこっか」
そう言いながらオレはとろけた目をしているさくらのへその下、卵巣のあたりを優しくさする。
さ「な、なんか変な感じするっ」
「準備ができてきつつあるってことだ。ベロチューで幸せな気分になってるだろ?もうあと一歩だな」
さ「ぜ、絶対耐えますからっ」
「まあ頑張れよ、まずは胸からだな」
小さな膨らみの周囲をゆっくーりと撫でまわしていく。ピンと伸びた突起はさっきよりもより高くなっている気がする。
同時に逆の手を太ももに伸ばす。
さ「ひゃんっ、なっ、なんでそんなとこ…」
「さくらの太ももずっといじめたいと思ってたんだよ。こんなスレンダーな身体してるのに太ももはムチッムチだしな」
 サワッサワッ
さ「軽く触られるのっ、ムズムズするっ💞」
少し物足りなそうに身体をくねらせるさくらにはお構いなしに、あくまでゆっくり撫でるだけを続ける。
 ブチュ♡
唇と唇を重ねながら、両手で胸と太ももへのタッチを続ける。
さ「んーっ!んんっ💞」
濃厚なベロチューに優しく触られる胸と太もも、そして触ってもらえない本命の場所… さくらは物欲しそうに腰をくねらせているが、オレはお構いなしでフェザータッチを続けた。

ベルフェゴール ( 2021/05/05(水) 18:47 )