宮脇咲良編
浴室で
行為の後、咲良がベッドメイキングをしておくと言い出し、光圀は促されるがまま、シャワーへ向かった。

光圀は浴室に入るや否やため息を吐いた。

二十歳前の女の子を寒空に野放しにするのをやめる為とはいえ、男である自分と同じ屋根の下に住まわせて良いのだろうか?という疑問が光圀の頭を巡っていた。

『ガチャッ』

「一緒に入って良い?」

そう言った咲良は、既に裸だった。

「どうせ入るつもりだったんだろう。」

光圀の返事も待たずに咲良は浴室に入ってきた。

「まだ残っているんだ。良かった。」

咲良が言うのは、共同生活時代に女性用にシャンプーやコンディショナーが残っていたことだった。

「大塚さんは彼女出来たんですか?」

「今はみんなの為に仕事を頑張りたいってところかな?」

「じゃあ、私が彼女になっても良いですか?」

「咲良は恋愛禁止の身だろう。」

「さっしーのことはどう思っているんですか?」

「指原さんか。口うるさい上司かな?」

(まだ恋愛に発展していないなら私にチャンスはある。)

「髪の毛と身体洗いますね。」

咲良は、シャワーヘッドを取りつつ、光圀に自身の乳房を押し付けた。

「熱くないですか?」

「あぁ。良い温度だ。」

「行きますよ。」

お湯をかけ、髪の毛を濡らした光圀は改めて見るとカッコいい。

手際よく髪の毛を洗い、再びシャワーをかける。

そして、本命の光圀の身体に移る。

「否。咲良、お湯たまったから浴槽に入ったらどうだ?」

「身体も洗うの。」

健康タオルを手にし、光圀の身体を洗う。

胸板は普通に洗ったが、他の部位はAVやソープランドでしか見ない洗い方で身体を洗われて、光圀は困惑した。

「立ってください。」

「ひょっとして、股間回りを洗うつもりか?」

「当たり前でしょ。ダーリンの身体全部洗うの。」

咲良の変な熱意に押され、光圀は腰を上げた。

お尻に咲良の手が滑りこんで、光圀は変な気分になった。

「さぁて、最後は・・・。」

後ろから咲良の手が伸びる。

しかも、両手を伸ばし、左手で玉袋を右手で竿を捉えられた。

「ダーリンの大きくなっている。」

「咲良が胸押し付けたり、エロい洗い方するから」

「ダーリン。今度は咲良の手で気持ち良くなって」

口ではそう言って、光圀のお尻に舌を伸ばす咲良。

もちろん、両手での刺激も忘れない。

「咲良。よせっ。くっ」

光圀は咲良の手によって射精に導かれた。

「一杯出たね。」

「さっさと風呂入って、昔のままにしてあるから二階で寝ろ。」

光圀は、シャワーで身体を流し、浴室を後にした。

■筆者メッセージ
咲良の浴室スタイル、水着にしようか迷ったけど、裸にしました。
スケベ椅子ではなく普通の真ん中に穴の空いた丸い椅子を光圀は使用しています。
光圀 ( 2017/02/09(木) 03:33 )