本村碧唯編
点火済み
光圀を否、福岡市民を嵐が襲った。

光圀は、仕事を終わらせ、家路を急いだ。

光圀の家の前に立つ少女がずぶ濡れになりながら、飼主を待つ犬のように光圀を待っていた。

「碧唯、話は後だ。上がってシャワーだ。」

光圀は碧唯の腕を掴むと、家に連れ込んだ。

脱衣場に碧唯を押込み、光圀は出て行った。

「シャワーで温まって、三分後まで出るなよ。」

タンスから中学校のジャージを半袖、短パンで出した。

サイズが合わなかった場合も想定し、ワイシャツを、更に身体を拭くバスタオルを置いておいた。

光圀が洗濯物を取り込み終わると、風呂場のドアが開き、ワイシャツ姿の碧唯が出てきた。

「大塚さん。」

光圀を見るや否や、碧唯は光圀に飛びついた。

「本村?どうした?」

「碧唯、駄目なんです。大塚さんと過ごした時間が忘れられなくて、碧唯のこと、大塚さんのペットにしてください。」

「本村、お前、どういう意味か解って言っているのか?」

「ご主人様、碧唯をマゾ奴隷として、いっぱい泣かせてください。」

「返事は後にして、食事にしようか?」

「はい。」

碧唯は大塚の家にいる間に光圀を主人と認め、自身のマゾ性を開花させてしまったようだ。

それ故に光圀の言葉を従順に聞いている。

洗濯乾燥機に碧唯の服を入れ、食事をとる。

光圀は、いじめの被害者だった。

光圀の優しさは、辛い過去からきていた。

しかし、心のどこかで主従関係の主人になりたい願望があったのも、事実だった。

碧唯がご飯を食べ終えたのを確認すると、光圀は碧唯に抱きついた。

「本村。否、碧唯。もう一度、宣言して。誰が誰の何になるのか?」

「私、本村碧唯は、大塚光圀様をご主人様として、マゾ奴隷になります。碧唯のことを可愛がってください。」

「碧唯。仕事の関係上、お前だけに構ってあげられないけど、それでも良いなら、お前の主人になってやる。」

「はい。碧唯はご主人様のペットです。」

人懐っこいこの少女によって光圀は、サディストとしての火を点けられたようだ。



■筆者メッセージ
実はちひろん執筆しながら下書き執筆していました。
光圀 ( 2017/01/28(土) 07:16 )