穴井千尋編
迷子に愛の手を
光圀は、莉乃と千尋の相手をさせられながら、仕事をこなしていた。

そんなある日、千尋に呼ばれた廊下にて、

「光圀さん。キスしてください。」

「急にどうしたんだ?穴井。」

「早く、誰かに見られたらお互い困るでしょ?」

(俺は・・・)

心に反して身体は、千尋に近づき、その唇に自身の唇を重ねる光圀がいた。

人の気配を感じて光圀は早々に千尋から離れた。

そして、周りを確認するが、誰もいなかった。

否、正確にはいたが、その人物はすぐさま物陰に隠れた為、光圀に気づかれずに済んだ。

その人物は、すぐに行動に移した。

「大塚さん。ちょっと来てくれる?」

「はい。」

その人物が怒っていることがなんとなく光圀は気づき、おとなしくついていくことにした。

通称、相談室まで光圀を誘導したその人物は、スマホを取り出し、動画を見せた。

「これ、どういうこと?」

「あぁ、ドラマの練習に付き合っただけだけど。」

「これ、さっしーに見せたら、大塚さん同じように言える?」

「目的は?口止め料はいくらあれば足りますか?」

「さっしーやちーちゃんだけが欲求不満だと思う?私だって、二十歳越えなの忘れたの?」

「キスをしろと?」

「セックスしないと、さっしーにばらしちゃうぞ。」

「多田は、初めてじゃないのか?」

「私だって、大塚さんのこと、好きなんだもん。初めては好きな人にもらってほしい。」

「通常一万円のところ、動画を消してくれたら、タダにさせていただきます。」

「抜け目のない人。」

多田愛佳に見られたことで、彼女の初めての相手に光圀は選ばれた。

「上は脱がさなくて良いよ。私ちょっと残念なところあるし、血が付かないように下だけ脱がしてくれれば」

パンツ姿になり、愛佳の下を脱がした光圀は、ローションを愛佳の入り口周辺に垂らし、塗りたくり、下準備をすると、全裸になり、入り口に自身のペニスをあてがった。

「最初は痛いから、深呼吸しないと大変なことになるぞ。」

「良いから、早く。」

ゆっくりと確実に愛佳の奥へとペニスを入れていく光圀、そんな光圀を見ながら、深呼吸する愛佳。

「思ったより痛くなかった。」

「動くよ。」

久しぶりの処女を相手にしたこともあり、光圀はあっけなくゴムの中に射精してしまった。

「すごい。ドクドク言っている。」

「愛佳、どうだった?」

「少しはさっしー達のこと、考えずにできたでしょ?」

「へ?」

「なんでもない。今度からは気を付けなさい。」

「多田、ありがとう。」

「馬っ鹿じゃないの。」

光圀は、鈍感で目の前のことに一生懸命な男のようだ。



■筆者メッセージ
卒業記念第二弾、愛ちゃん登場。
AKB時代に誰かに絶対食われているだろうけど、処女で出しました。
光圀 ( 2017/01/25(水) 11:10 )