第一章 みな実先生は俺たちみんなの
続々ヤリマンの逝き地獄
「ドピュゥッ!ピュゥッ!ピュッ!」みな実の膣(なか)で巨根が萎えていくのが判った。漢が抜くと、秘唇がポッカリ大きな穴を開けていた。
「ゴボッ!ゴボボッ!」ご主人様のいなくなったみな実の秘唇が、痙攣して口をスボめ汚液を吐き出した。

自由になったみな実の秘唇を、新しいご主人様が直ぐに尻に跨がって膣(なか)を埋めた。
「ズヴヴゥゥッ!」新しいご主人様のモノを咥え込み、みな実の膣壁はぺニスをビクンッ!ビクンッ!締め付け続けた。
もはやみな実のマン○は無双状態だった。誰が突っ込んでも、歓んで咥え込んで離さなかった。
「あぅッ!あぅっ!はぅっ!」漢がぺニスを突っ込む度に、みな実は失神と覚醒を繰り返した。
虚ろな目で半開きのみな実の唇に、次の漢が逸物をネジ込んで来た。
「むぐぅぅぅっ!」


「むぐぅっ!むぐぅっ!むぐぐぅぅぉっ!」口に突っ込むや否や漢はみな実の唇を陵辱し始めた。後頭部を鷲掴みされながら、漢が腰を振り続けるのを甘受するしかなかった。
「うっ!うっ!うげっ!」みな実の唇から涎が垂れ流された。
「ズヴヴゥゥッ!ズヴゥッ!ズヴゥッ!ズヴヴゥゥォッ!」背後から漢が、みな実の尻を激しく突き上げ始めた。
「いやあぁぁっ!もう嫌ぁぁっ!」みな実の哀願を無視して、
漢が腰を振り続けた。突然みな実は片脚を高く持ち上げられた。みな実の秘唇に怒張が出し入れされるのが丸見えになった。
「ヌチャッ!ヌチャッ!ヌチャッ!」みな実の膣(なか)に吐き出された精液が肉棒で突かれ続け、粘って泡立って来た。
「グボッ!」ドロドロの精液が溢れ出し、みな実の内股を流れ出した。
「ズヴゥォッ!ズヴゥォッ!ズヴヴゥゥォッ!」漢が怒涛の勢いで、みな実の尻を突き上げた。
「あぅっ!あぅっ!あひぃぃっ!(イィッ!オッキィッ!スゴィィッ!)」(こんなの初めて!渡辺君ね?なんて巨根なの!暁子ちゃんっていう恋人がいるのに!あぅっ!キモチイィッ!ごめんね、暁子ちゃん!)
「ドピュゥゥゥッ!ドピュゥゥッ!ドピュゥッ!」熱い樹液がみな実の膣に放出され、子宮に向けて礫のように被弾し続けた。


来世でもクズでゴメン ( 2022/11/06(日) 09:15 )