Flow
  • 第四章『不思議』

  • 君の存在が少しずつ自分の中で大きくなっているような気がした。