小説詳細/あらすじ/目次

守りし者の物語

筆者 : 満腹定食 / 種別 : 短編 (ページ容量 : 36.8KB)
投稿日 : 2021/02/13(土) 21:44 / 更新日 : 2021/02/14(日) 18:57
  • あらすじ

  • とある出来事で心に闇を抱えた少年が出会った仲間達と触れ合い心を開いていく話
名前変換

主人公 ⇒ 朽井 迅三郎

未入力でデフォルトになります。
  • 本編目次

    • 某所
      「4月からこの高校に行ってもらう」

      「・・・はぁ?」
      突然呼び出された俺は、目の前に置かれたパンフレットの高校に通うらしい。
      俺の名は朽井迅三郎
      訳あって縁もゆかりもないところに拾われ居候している。
      朽井「待ってくれ、俺は受験も何もしていない。それにお前の会社で働くって言ったよな?」
      「私もそれで行こうとしたが、うちの親父が許してくれなかった。」
      朽井「あの、ジジィ・・・」
      「で、うちの名前を使って入れる高校がここしかなかったから4月から東京で学校生活を送ることになったという訳だ。」
      朽井「待ってくれ、そんなすぐ決められて・・」
      「それは、向こうの知り合いと話がついてるから大丈夫。(笑)」
      朽井「いつの間に・・・」
      「そんな訳で4月からよろしく〜(笑)」
      朽井「ちくしょうっ!!!!」
      「あ、問題起こしても無駄とだけ最後に言っとく。(笑)」
      朽井「なッ!!」
      「あと、出発は4日後な〜」
      というわけで俺は4月から学校生活を送ることになった。
      これも運命かよ・・・(汗)

      ーーーーーーーー
      その夜
      「奴に言ったか?」
      「あー、言いましたよ。」
      「反応は?」
      「面白かったですよ。(笑)しかしなぜ高校に行かそうとしたのですか?」
      「それは、これからの楽しみにしておこうではないか。」
      「親父、もしかして面白半分で高校に行かせたのか?」
      「それもあるが、奴にはわかるまい。」
      (最近親父の考えが見えないのが怖いが何か企みでもあるのか?)
      それを知るものは誰もいない
    • キャラ紹介と世界観 (2021/02/14(日) 18:57)