小説詳細/あらすじ/目次

乃木坂抗争 ― 辱しめられた女たちの記録 ―

筆者 : 鰹のたたき(塩) / 種別 : 中編 (ページ容量 : 72.2KB)
投稿日 : 2019/12/04(水) 09:47 / 更新日 : 2019/12/07(土) 13:37
  • あらすじ

  •  20XX年。
     依然として横行する性犯罪、上がらない検挙率。
     そんな中、最近、都内を中心に妙な噂が囁かれ始めている。
     婦女暴行、集団レイプ、違法ビデオ撮影など、女に対して酷いことをしたワルの連中が、夜な夜な、一人、また一人と、何者かに痛めつけられては駆けつけた警察に検挙されるというのだ。
     一説には、警察とは別の“ある組織”が一枚噛んでいるらしい。
     実態の掴めない組織だが、唯一の手がかりは検挙された男たちの証言。

    「女だ!女にやられたんだっ!」

     男たちは口々に、そう言う。
     彼らに裁きを下すその女はいったい何者なのか?
     そして、その組織の目的は何なのか?