感想メッセージ
▼投稿フォーム開閉
R's > 第6章 > 07 第7話 を読んだ感想
投稿者:鰐革の靴と財布を持って居る燕軍大将軍オルド 評価:超カオス♪ 2018/04/06(金) 22:43
[表示]
[90]
投稿者:hinata 2018/04/06(金) 23:15
メッセージありがとうございます。
理央君はイメージ的には陸上をやっていたという設定なのでやや色は黒いはずです。

まあ炎天下でも外で走る訳なのでそうでないとおかしいですしね。ただ陸上部を辞めて1年は経っているのでどうでしょうか。

北海道は寒いです。この間までの暖かさは何処へやらです。

引き続きお付き合い下さるようお願いします。
[91]

R's > 番外編3 > 09 ずみこの場合7 を読んだ感想
投稿者:まる 評価:とても良かった! 2018/04/06(金) 01:48
[表示]
[88]
投稿者:hinata 2018/04/06(金) 06:32
いつもメッセージありがとうございます。

おっぱい星人ですね〜。まるさんは。
理央視点での、という事ですがそうですね、考えてみたいと思います。
今回のとは別のシーンでとなるかなと思います。
最終的に番外編のメンバーも本編に組み込んでいこうかなとも考えているので。

引き続きお付き合い下さい。
[89]

R's を読んだ感想
投稿者:@ 評価:とても良かった! 2018/04/02(月) 22:11
更新お疲れ様です。本編も良いですが、1人にスポットを当てて書く番外編も好きです!
[86]
投稿者:hinata 2018/04/02(月) 22:15
メッセージありがとうございます。

そう言って頂けると書き手としては大変嬉しいです。

最後まで頑張りますので引き続きお付き合い下さい。
[87]

R's > 番外編3 > 06 ずみこの場合4 を読んだ感想
投稿者:ウェイヨ 2018/04/02(月) 00:59
更新お疲れ様です!

なんか番外編がメインになりつつある?笑

ハムファンでしたか、私はオリックスファンですが、やはり今のハムを見ていて思うのは大谷、増井、マーティンの穴埋めですかね?とりあえず、投手のテコ入れもしくは、若手の奮起に期待したいです!

うちとは違い育成の上手いチームですからね!笑
[83]
投稿者:hinata 2018/04/02(月) 07:51
メッセージありがとうございます。
ホントそれです。番外編ばっかり 笑

でも書きたいしなぁと言うメンバーが対象なんでお許しを。

しばらく番外編続きますけど引き続きお付き合いを。
[84]

R's を読んだ感想
投稿者:風都探偵 評価:とても良かった! 2018/04/02(月) 00:16
いつも楽しく読ませていただいてます。
ゆいぽんやみいちゃんに光が当たることはこれから先ありませんかね?
[82]
投稿者:hinata 2018/04/02(月) 07:53
メッセージありがとうございます。

小林さんや小池さんですか…。
これ以上はちょっと厳しいですよね。それでなくても同級生多いし…。

クラスメイトが欅ちゃんという目の保養になるものだと思ってもらえれば良いかと思います。

引き続きお付き合いをお願いします。
[85]

R's > 番外編3 > 05 菅井様の場合6 を読んだ感想
投稿者:鰐革の靴と財布を持って居る燕軍大将軍オルド 評価:超カオス♪ 2018/03/31(土) 20:01
hinata先生、お久し振りです!執筆と更新お疲れさまで御座いますm(_ _)m

いや〜…年上のお姉さんに甘えれるのって…最高ですよね(笑)
私はMじゃあないですけど、ちょっと叱られただけでも嬉しくなっちゃいますし…って俺は変態か(-_-;)スミマセン


気温の変動が毎日激しい様なので、どうか体調など崩されない様にm(_ _)m
[80]
投稿者:hinata 2018/03/31(土) 20:11
メッセージありがとうございます。

いやいや、結構な変態さんでいらっしゃるようで。

菅井様の番外編はちょっと休憩しまして、他の方のお話が続いてしまう予定ですが引き続きお付き合い下さい。
[81]

R's > 第6章 > 04 第4話 を読んだ感想
投稿者:ツバサ三世 評価:とても良かった! 2018/03/26(月) 21:03
次は番外編ですかね!

佐々木久美と菅井の話か理央と菅井の話かな!?

まぁ作者が決めることですから!
[78]
投稿者:hinata 2018/03/26(月) 23:10
メッセージありがとうございます。

一応もう少し本編が続く予定です。
番外編はまだ後になるかと。

今、本編と複数の番外編を作成中です。

引き続きお付き合い頂きますようお願いします。
[79]

No: Pass:
小説に戻る